甘味料

アセスルファムKとは?/人工甘味料/砂糖の200倍の甘さ

食品の原材料にはいろいろなものが入っています。

その中でも人工甘味料というものがあり、砂糖に代わる添加物もたくさんの種類があります。

 

今回は食品添加物である人工甘味料のアセスルファムKについて記載していきます。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

アセスルファムKとは

別名はアセスルファムカリウム

  • 酢酸を原料として作られる。
  • 酢酸は酢の主成分で知られる有機化合物

特徴

  • 砂糖の200倍の甘さを持っている
  • 砂糖よりも少量で甘さを実現できる
  • あと味が悪いので『アスパルテーム』とまぜて使用される

背景

  • 1967年にドイツで開発
  • 日本では2000年に厚労省が食品添加物として認可
  • 現在世界では100か国で甘味料として使用されている
  • 飲料やガム、麺つゆ等幅広く使用されている

アセスルファムK まとめ

日本でアセスルファムKが使用されてたのは約20年前からです。

砂糖より少量で甘さを実現できるのでコストメリットはメーカーにとっては大きいと思います。

 

ポイントは下記の通り

  • 約50年前に海外で開発された人口甘味料
  • 日本では約20年前から食品に使用されている
  • 砂糖の200倍の甘さ
  • あと味が悪いので『アスパルテーム』とまぜて使用される