ビタミンA

ビタミンAとは?/脂溶性ビタミン/皮膚や粘膜を守ります

ビタミンの中でもビタミンAは広く知られているものの1つではないでしょうか?

ビタミンAは肌に良いと言われていますよね。ビタミンAは牛乳やレバーなどに多く含まれています。

 

今回は皮膚や粘膜の保護作用もあり肌にも良いビタミンAについて記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ビタミンAとは?⇒体内では合成できない物質で動物性食品に多く含まれる
  • どのような作用があるの?⇒粘膜や皮膚を守ったり免疫力を上げる効果

 

ビタミンAとは

脂溶性のビタミン

動物性食品に多く含まれる

  • 豚レバー 13,000μg/100g
  • チーズ  240μg/100g
  • 全卵   140μg/100g
  • 牛乳   38μg/100g

緑黄色野菜にも含まれる

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドは体内でビタミンAに変換されます。

  • ニンジン  8,600μg/100g
  • ほうれん草 5,400μg/100g
  • かぼちゃ  4,000μg/100g

ビタミンAの働き

ビタミンAは人間の体内では合成が出来無いので、外から摂取する必要があります

美肌効果

皮膚や粘膜の新陳代謝を促進

  • シミやしわを防ぐ

免疫力向上

細胞の粘膜を強化

  • 粘膜はウイルス等を体内から除去する働き
  • 風や病気になることを防ぎます

ビタミンA まとめ

ビタミンAは人間の細胞を守ったり免疫力を高めたりする等の効果があることがわかりました。

  • ビタミンAは人間にとって必須
  • ビタミンAを外部から取得することは非常に重要

 

ビタミンAのポイントは下記のとおり

  • ビタミンAはレバーや牛乳等に多く含まれる
  • 体内でビタミンAは合成できない
  • ビタミンAは美肌効果がある
  • ビタミンAは免疫力を高める

ビタミンAの多い果実サジーについて