ビタミンC

ビタミンCとは?/アスコルビン酸/抗酸化作用があります

果物ビタミン

ビタミンの中でもビタミンCは広く知られているものの1つではないでしょうか?

ビタミンCは肌に良いと言われていますよね。特に柑橘類の果物には多く含まれています。

 

今回は抗酸化作用もあり肌にも良いビタミンCについて記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ビタミンCとは?⇒人間にとって大事な物質
  • どのような作用があるの?⇒抗酸化作用、コラーゲン生成等多くの効果

 

ビタミンCとは

別名『L-アスコルビン酸』

果実等から取れる天然のビタミンC人工的に合成されるビタミンC

天然も人工合成も化学構造は同じ

ビタミンCの働き

ビタミンCは人間の体内では合成が出来無いので、外から摂取する必要があります。

抗酸化作用

食品への効果

  • 空気中の酸素によっておこる食品の酸化を防止する効果
  • 酸化防止により食品の品質を劣化させない効果

人間体内での効果

  • 抗酸化作用で細胞を守る
  • コラーゲンをつくる
  • 免疫力を高める
  • ステロイドホルモンをつくる(ストレス対応力)
  • 鉄の吸収を助ける
  • メラニン色素を出来にくくする

ビタミンC まとめ

ビタミンCは食品では酸化防止剤として食品の質を保ち、人間の体内では細胞を守ったり免疫力を高めたりする等多くの効果があることがわかりました。

 

ビタミンCは人間にとって無くてはならないものです。

ビタミンCを外部から取得することは非常に重要な事がわかります。

 

ビタミンCのポイントは下記のとおり

  • ビタミンCは別名L-アスコルビン酸
  • 体内でビタミンCは合成できない
  • 天然と合成のビタミンCは化学構造と効果は同じ
  • 体内では抗酸化作用や免疫力UP等色々な効果がある

ビタミンCが多い果実 サジーとは?