ビタミンE

ビタミンEとは?/脂溶性ビタミン/抗酸化作用や血行促進作用があります

ビタミンEは、ビタミンAやビタミンCと並んで代表的な栄養成分です。

またビタミンEはアーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

 

今回は抗酸化作用や血行促進効果もあり老化防止にもなるビタミンEについて記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ビタミンEとは?⇒体内では合成できない物質でナッツ類に多く含まれる
  • どのような作用があるの?⇒抗酸化作用や血行促進効果がある

 

ビタミンEとは

脂溶性のビタミン

ナッツ類に多く含まれる

  • アーモンド
  • 落花生
  • 銀杏
  • くるみ

野菜にも含まれる

  • 西洋カボチャ
  • モロヘイヤ
  • 赤ピーマン
  • しそ
  • ニラ

ビタミンEの働き

ビタミンEは人間の体内では合成する事が出来無いので、外から摂取する必要があります

抗酸化効果

体内の脂質の酸化を防止

  • 血管を健康に保つ
  • 血中LDLコレステロールの酸化抑制
  • 老化防止

血行促進

体内の末梢血管を広げる

  • 血流がよくなるので筋肉疲労や頭痛や冷え性に効果
  • 血流が良くなるので細胞に栄養が行き渡り活性化

ビタミンE まとめ

ビタミンEは抗酸化作用で老化を防止したりする効果があることがわかりました。

  • ビタミンEは体内に良い効果をもたらす
  • ビタミンEを外部から取得することは非常に重要

 

ビタミンEのポイントは下記のとおり

  • ビタミンEはナッツ類に多く含まれる
  • 体内でビタミンEは合成できない
  • ビタミンEは抗酸化効果で老化防止
  • ビタミンEは血行促進作用があるので冷え性に効果

ビタミンEが多く含まれるサジーとは?