乳化剤

乳化剤とは?/食品に広く使用/均一に混ぜる目的があります

乳化剤と聞くと何に使用するのかよくわかりませんよね?

実は乳化剤は広く食品に使用されているものです。

 

簡単に言うと乳化剤は水と油のような混ざりにくいものを均一に混ぜるようにする特性を持っています。

今回は食品に広く使用されている乳化剤について記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • 乳化剤とは?⇒混ざりにくいものを均一にする効果
  • 何に使用されているの?⇒パン、チョコレート、アイスクリーム等

乳化剤とは?

乳化剤は役割によって週種類の食品添加物を使用して作られます。

乳化の意味

水と油のように交じり合わない2つの成分を均一に混合させること

乳化剤の他の役割は?

目的に応じて下記の特性を商品に利用

  1. 分散
  2. 湿潤
  3. 起泡
  4. 消泡

乳化剤の種類

5つの種類の乳化剤

これらは食品衛生法で許可されているものです

  1. グリセリン脂肪酸エステル
  2. ショ糖脂肪酸エステル
  3. ソルビタン脂肪酸エステル
  4. 大豆リン脂質
  5. プロピレングリコール脂肪酸エステル

乳化剤が使用されている食品

身近な食品に使用

  1. パン
  2. チョコレート
  3. アイスクリーム
  4. ちくわ
  5. かまぼこ
  6. 調味料

乳化剤 まとめ

乳化剤は食品を製造するのに欠かせないもの

また私たちの身近な食品のパン等に広く使用されています

 

乳化剤のポイントは下記の通り

  • 混ざりにくいものを均一に混合させる
  • パンなど食品に広く利用されている
  • 食品衛生法で許可されている乳化剤は5種類