ph調整剤

Ph調整剤は食品添加物で食品でも使用され品質を保持します。

ph調整剤は私たちの生活で広く使用されている添加物です。

食品にも使用されており何十種類も存在します。

 

Ph調整剤は食品添加物で食品でも使用され品質を保持します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ph調整剤は品質安定、変色防止、細菌の抑制等の効果があります
  • Phとは水素イオン濃度のことで、中性がPh7でそれより下であれば酸性、それより上であればアルカリ性になります
  • ph調整剤はPhをコントロールして食品の品質や菌の増殖を防ぐ目的があります
  • 消費者庁による許可されているph調整剤の種類は35種類あり、食品でよく使用されるのはクエン酸、コハク酸、酢酸ナトリウム、乳酸、リン酸です
  • 食品に表示されるPh調整剤は複数使用しても一括表示でもOKとされています
  • 具体的にどのような調整剤が使用されたかは表示しなくても良いとされています

ph調整剤 とは?

Ph=水素イオン濃度

ph(ペーハー)

  • 中性がPh7でそれより下であれば酸性、それより上であればアルカリ性になる
  • 食品ではPhをコントロールして食品の品質や菌の増殖を防ぐ

35種類の調整剤

消費者庁のph調整剤の表示許可数は35種類

  • 食品に表示されるPh調整剤は複数使用しても一括表示となる
  • 具体的にどのような調整剤が使用されたかは表示しなくても良いとされている

使用される種類

食品でよく使用される5種類

  • クエン酸
  • コハク酸
  • 酢酸ナトリウム
  • 乳酸
  • リン酸

ph調整剤のまとめ

主な目的は品質を保持する事

食品に使用されるPh調整剤はたくさんの種類があることがわかりました。

またPh調整剤は食品の品質を保つ為に使用されています。

Ph調整剤のポイントは下記の通りです

  • ph調整剤は品質安定、変色防止、細菌の抑制等の効果があります
  • Phとは水素イオン濃度のことで、中性がPh7でそれより下であれば酸性、それより上であればアルカリ性になります
  • ph調整剤はPhをコントロールして食品の品質や菌の増殖を防ぐ目的があります
  • 消費者庁による許可されているph調整剤の種類は35種類あり、食品でよく使用されるのはクエン酸、コハク酸、酢酸ナトリウム、乳酸、リン酸です
  • 食品に表示されるPh調整剤は複数使用しても一括表示でもOKとされています
  • 具体的にどのような調整剤が使用されたかは表示しなくても良いとされています
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』