ビタミンB2

ビタミンB2とは?/脂質をエネルギーに変換/水溶性ビタミン

ビタミンの中でもビタミンBは広く知られていますよね。

ビタミンBは8種類ありビタミンB群と言われています。

 

ビタミンB群はタンパク質や糖質等を体内で吸収しやすいように助ける役目があります。

 

今回は体内の代謝に関与するビタミンB群の1つであるビタミンB2について記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ビタミンB2とは?⇒水溶性の補酵素
  • どのような作用があるの?⇒脂質をエネルギーに変える作用

 

ビタミンB2とは

  • 水溶性のビタミン

※水溶性:水にとけやすい事

  • ビタミンB群の1つ
  • 代謝ビタミンと呼ばれる

肉や魚食品に含まれる

  • 豚レバー 3.6mg/100g
  • うなぎ  0.45mg/100g
  • ぶり   0.36mg/100g
  • 牛乳   0.3mg/200g

植物性食品に含まれる

  • モロヘイヤ 0.42mg/80g
  • 納豆    0.22mg/40g
  • ほうれん草 0.16mg/80g
  • アーモンド 0.11mg/10g

ビタミンB2の働き

大きく3つの働きがあります

脂質をエネルギーに変換

体内のエネルギーが効率良く吸収されるようにします

肝臓の働きに関与

ビタミンB2が不足すると肝臓の機能が低下します

皮膚や粘膜の代謝に関与

ビタミンB2が不足すると口内炎、皮膚炎等が起きたりします

ビタミンB2 まとめ

ビタミンB1は体内の代謝にかかわる大切な補酵素であることがわかりました。

  • ビタミンB2は人間にとって必須
  • ビタミンB2を外部から取得することは非常に重要

 

ビタミンB2のポイントは下記のとおり

  • ビタミンB2は豚レバーやうなぎに多く含まれる
  • ビタミンB2は脂質をエネルギーに変える作用
  • ビタミンB2は皮膚粘膜、肝臓の働きにも重要

ビタミンEとは?

ビタミンAとは?

ビタミンCとは?

ビタミンB1とは?

ビタミンが豊富なサジーとは?