ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンは別名ビタミンB3でエネルギーの代謝に関与します。

ナイアシンを含むたらこナイアシンを含むたらこ

 

ビタミンB群はお互いに助け合いながら効率よく体内で代謝しています。

 

またビタミンB群はタンパク質や糖質等を体内で吸収しやすいようにする役目があります。

ナイアシンは別名ビタミンB3でエネルギーの代謝に関与します。

 

水溶性ビタミンとは?

ビタミンB群とは?/8種類/水溶性ビタミンです・補酵素として働きます

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ナイアシンは別名はビタミンB3で水溶性ビタミンでニコチン酸とニコチン酸アミドの総称です
  • ナイアシンは体内のエネルギー代謝、脂質糖質の分解、皮膚粘膜の代謝に関与しています

肉や魚食品に含まれるナイアシン

  • たらこ  49.5mg/100g
  • まぐろ  14.2mg/100g
  • 鶏むね肉 12.1mg/100g
  • 鶏ささみ 9.4mg/80g

植物性食品に含まれるナイアシン

  • ピーナッツ  17mg/100g
  • エリンギ  7.4mg/120g
  • とうもろこし 2.3mg/200g

ナイアシンとは

別名はビタミンB3

ナイアシンはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称です。

水溶性のビタミンです

※水溶性:水にとけやすい事

  • ビタミンB群の1つ
  • 代謝ビタミンと呼ばれる

肉や魚食品に含まれる

  • たらこ  49.5mg/100g
  • まぐろ  14.2mg/100g
  • 鶏むね肉 12.1mg/100g
  • 鶏ささみ 9.4mg/80g

植物性食品に含まれる

  • ピーナッツ  17mg/100g
  • エリンギ  7.4mg/120g
  • とうもろこし 2.3mg/200g

ナイアシンの働き

大きく3つの働きがあります

エネルギーの産出

体内のエネルギーが効率良く吸収されるようにします

脂質や糖質分解に関与

ビタミンB6やB1の作用を助け合う効果があります

皮膚や粘膜の代謝に関与

ビタミンB3が不足すると口内炎、皮膚炎等が起きたりします

ナイアシン まとめ

ナイアシン(ビタミンB3)は体内の代謝にかかわる大切な補酵素

  • ビタミンB3は人間にとって必須
  • ビタミンB3を外部から取得することは非常に重要

 

ナイアシンのポイントは下記のとおりです

  • ナイアシンは別名はビタミンB3で水溶性ビタミンです
  • ナイアシンはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称です
  • ナイアシンは体内のエネルギー代謝、脂質糖質の分解、皮膚粘膜の代謝に関与しています
肉や魚食品に含まれるナイアシン
  • たらこ  49.5mg/100g
  • まぐろ  14.2mg/100g
  • 鶏むね肉 12.1mg/100g
  • 鶏ささみ 9.4mg/80g
植物性食品に含まれるナイアシン
  • ピーナッツ  17mg/100g
  • エリンギ  7.4mg/120g
  • とうもろこし 2.3mg/200g

ビタミンが豊富なサジーとは?

ビタミンの1日摂取量は?

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』