牛乳の成分

牛乳の成分は?低カロリーで栄養素が高いです

牛乳は私たちの生活の中でなじみのあるものです。

そのまま飲んでも良いしお菓子等にも使用されますよね。

 

牛乳はカルシウムが豊富なことは有名ですが、他にどのような成分が入っているのでしょうか?

 

今回は牛乳に入っている栄養素はどのようなものがあるのか記載します。

 

牛乳の成分

牛乳の栄養素

牛乳コップ1杯(200ml)あたりの栄養成分と含有量です

牛乳200mlあたり  
タンパク質 6.8g
脂質 7.8g
炭水化物 9.9g
ナトリウム 85mg
カリウム 310mg
カルシウム 227mg
マグネシウム 21mg
リン 192mg
鉄分 0.04mg
亜鉛 0.8mg
0.02mg
ビタミンA 78μg
ビタミンD 0.6μg
ビタミンE 0.2mg
ビタミンK 4μg
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.31mg
ナイアシン 1.3mg
ビタミンB6 0.06mg
ビタミンB12 0.6μg
葉酸 10μg
パントテン酸 1.14mg
ビタミンC 2mg

牛乳のカロリー

牛乳コップ1杯(200ml)あたりのカロリーは138kcalです。

意外とカロリーは高くありません。

まとめ

牛乳はカルシウムが豊富といわれていますが、他にもいろいろなビタミンやミネラル等が入っています。

牛乳は栄養素のかたまりということがわかりました。

1日の栄養素の摂取量一覧はこちら

牛乳のポイントは下記の通りです。

  • 牛乳には23種類の栄養素が入っている
  • 牛乳は200ml中138Kcalで低カロリー