キナ酸

有機酸/キナ酸とは?効果や作用は?尿路感染症防止等があります

栄養素にはいろいろな種類がありますが、中でも有機酸というものがあります。

有機酸も何種類かあるのですが、今回はキナ酸について記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • キナ酸とは?⇒南米のキナの木で発見された物質、かすかな酸味が特徴
  • 何に入っているの?⇒キナの木、果実、コーヒー等
  • キナ酸の効果は?⇒疲労回復効果、抗酸化作用、尿路感染予防効果

 

キナ酸とは

果実等に含まれる有機酸

  • キナの木、果実(クランベリー、サジー等)コーヒーの豆

キナ酸は体内で馬尿酸に変化

  • キナ酸は水溶性のカルボン酸(有機酸)
  • 尿を弱酸性にして細菌の繁殖を防止

作用効果

  • 尿路の細菌繁殖を防止し、老廃物を留まるのを防ぎます
  • 尿路結石の防止効果があります
  • コーヒーの豆には効果酸化作用があります

まとめ

有機酸の1つであるキナ酸は人間の身体に良いという事がわかりました。

定期的に摂取することは健康にはいいことですよね。

 

キナ酸を含む果実はクランベリーだけではなく色々な果実があります。その1つにサジーという果実もあります。

有機酸が豊富で他の栄養素も含んでいるスーパーフルーツと言われています。

 

ジュースにもなっているので手軽に摂取することが出来ます。

 

 

下記は私も定期的に飲んでいるおすすめのサジージュースです。