αーカロテン

カロテノイド/αーカロテンとは?/天然の植物に含まれる色素です

αーカロテンを含むかぼちゃαーカロテンを含むかぼちゃ

カロテノイドとは、天然の動植物に広く存在する色素のことです。

黄色や橙色、赤等色々な色に変化します。

 

カロテノイドの1つαーカロテンは天然の植物に含まれる色素です。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • カロテノイドとは⇒植物等に入っている色素です
  • αーカロテンはカボチャやニンジンに入っています
  • 微生物ではユーグレナ(ミドリムシ)に入っています
  • 体内では肝臓や肺、皮膚等様々場所に存在します
  • 人間はカロテンをつくり出すことは出来ません
  • αーカテロンの作用効果は皮膚や粘膜を強くしたり視覚を向上させる効果があります

カロテノイドとは

カロテノイドは現在600種類から700種類以上の種類があります。

カロテノイドに含まれるαーカロテン

植物ではかぼちゃやニンジン等の緑黄色野菜に入っています。

  • 微生物ではユーグレナ(ミドリムシ)に入っています。
  • 体内では肝臓や肺、皮膚等様々場所に存在しますが人間はカロテンをつくり出すことは出来ません。

αーカロテンの効果

別名はプロビタミンA

  • αーカロテンは体内に入るとビタミンAに変化します
  • 皮膚や粘膜を保護したり視覚を正常化させる効果があります
  • 抗酸化作用が強いので活性酸素の発生を抑制する効果(細胞の老化防止)があります

αーカロテンのまとめ

カロテノイドの1つであるαーカロテン

人間の体内では作りだせない成分

αーカロテンはいろいろな作用がある事がわかりました。

かぼちゃやニンジンなら比較的容易に入手できるので食事に取り入れたいですね。

αーカロテンをまとめは下記の通りです。

  • カロテノイドとは⇒植物等に入っている色素です
  • αーカロテンはカボチャやニンジンに入っています
  • 微生物ではユーグレナ(ミドリムシ)に入っています
  • 体内では肝臓や肺、皮膚等様々場所に存在します
  • 人間はカロテンをつくり出すことは出来ません
  • αーカテロンの作用効果は皮膚や粘膜を強くしたり視覚を向上させる効果があります

サジージュースでもカロテンは摂取できるので、お勧めです。

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』