βーカロテン

カロテノイド/βーカロテンとは?/ビタミンAに変化

カロテノイドとは、天然の動植物に広く存在する色素のことです。

黄色や橙色、赤等色々な色に変化します。

 

カロテノイドの中の1つβーカロテンについて記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • カロテノイドとは⇒緑黄色野菜等に入っている栄養素
  • βーカテロンの作用効果は?⇒免疫力を向上させる抗酸化作用、疲労回復効果皮膚や粘膜を正常に保つ効果等があります

カロテノイド

カロテノイドは現在600種類から700種類以上の種類があります。

強力な抗酸化作用があります。

※抗酸化作用とは:体内で発生した活性酸素を除去する働きをいう

βーカロテン

  • ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草等の緑黄色野菜に入っています。
  • 体内では肝臓や肺、皮膚等様々場所に存在しますが人間はカロテンをつくり出すことは出来ません。

作用効果

  • βーカロテンは体内に入るとビタミンAに変化します
  • αーカロテンと同じ効果があります
  • 別名はプロビタミンA
  • 皮膚や粘膜を保護したり視覚を正常化させる効果があります
  • 抗酸化作用が強いので活性酸素の発生を抑制する効果(細胞の老化防止)
  • ガンを予防する効果

まとめ

βーカロテンはいろいろな作用がある事がわかりました。

人間の体内では作りだせないので外部から摂取する必要があります。

かぼちゃやニンジンなら比較的容易に入手できるので食事に取り入れたいですね。

 

また一気に摂取するより毎日コンスタントに摂取するのが効果的です。

 

サジージュースでもカロテンは摂取できるのでおすすめです。