ケルセチン

ケルセチン/ポリフェノール/効果や作用は?

ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素等の成分となっている化合物の総称です。

現在数千種類(5000~8000種類)以上あるといわれています。

ポリフェノールは強い抗酸化作用を持つため、生活習慣病の予防に効果的であるといわれています。

 

今回はポリフェノールの1つケルセチンの効果について記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • ケルセチンとは?⇒ポリフェノールの1つで抗酸化作用、抗炎症作用、脂肪分解作用があります
  • どのような食品にはいっているの?⇒玉ねぎ、ブロッコリー、緑茶、果実等に含まれます

ケルセチンとは

野菜に含まれるポリフェノール

  • 玉ねぎやブロッコリー、緑茶、コーヒー、果実等にふくまれます

作用効果

  • 抗酸化作用:体内の活性酸素を抑制する効果(アンチエイジングに効果)
  • 抗炎症作用:体内の炎症作用を抑制する効果
  • 脂肪分解作用:体内の脂肪を分解する効果

ケルセチンによる体脂肪分解に関する文献資料

まとめ

ポリフェノールは数千種類存在し特徴として抗酸化作用があり重要な役割がある事がわかりました。

玉ねぎやブロッコリーは毎日食べれないので、コーヒーや緑茶やジュースで摂取するのが現実的ですよね。

 

果物でもポリフェノールを含んでいるサジーというスーパーフルーツがあります。

ジュースにもなっているので手軽に摂取することが出来ます。

参考に記事を添付します。スーパーフルーツサジーとは?

 

 

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』