ポリフェノール

ポリフェノール 4つの種類をまとめました/すべて抗酸化作用があります

ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素等の成分となっている化合物の総称です。

現在数千種類以上あるといわれています。

ポリフェノールは強い抗酸化作用を持つため、生活習慣病の予防に効果的であるといわれています。

 

その中でも特に重要なポリフェノール4種類をまとめました。

 

この記事ではこのような事がわかります。

ポリフェノールの4種類と効果

  • ケンフェロール:抗酸化作用、抗炎症作用、糖尿病等生活習慣病の予防効果
  • ミリセチン:抗酸化作用、抗炎症作用、抗ガン作用
  • ルチン:抗酸化作用、血管強化作用、糖尿病等生活習慣病の予防効果
  • ケルセチン:抗酸化作用、抗炎症作用、脂肪分解作用

ポリフェノール 4種類

ケンフェロール

  • お茶、ブロッコリー、キャベツ等に多く含まれます

詳細はこの記事で記載しています。ケンフェロールとは?

ミリセチン

  • ブルーベリーやブドウ等の果物に多く等に含まれます

詳細はこの記事で記載しています。ミリセチンとは?

ルチン

  • 蕎麦、柑橘類、アスパラガス等に多く含まれます

詳細はこの記事で記載しています。ルチンとは?

ケルセチン

  • 玉ねぎ、ブロッコリー、緑茶、果実等に多く含まれます

詳細はこの記事で記載しています。ケルセチンとは?

まとめ

上記の記載した通りポリフェノールは強い抗酸化作用で体の生活習慣病を防止する効果があることがわかりました。

ポリフェノールは色々な食品に含まれているので食べ物を摂取することは重要ですね。

 

上記のポリフェノール4種類を含む果実も存在します。

 

サジーと言われるスーパーフルーツです。

スーパーフルーツのサジーとは?