リノール酸

脂肪酸/リノール酸とは?/体内で合成できない必須脂肪酸/コレステロールを下げる効果があります

油は色々な植物や動物から取れます。

その中でも植物から取れる油は体に良いものも多くあります。

 

今回は必須脂肪酸の1つであるリノール酸について記載します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • リノール酸は体内では作れない
  • 植物油に多く含まれる必須脂肪酸
  • 血中コレステロールを減少させる効果がある
  • グレープシード油、コーン油、大豆油、綿実油に含まれる

 

必須脂肪酸とは

  • 体内で生産できない脂肪酸のことを言います
  • 脂質をつくる主成分
  • 脂質はタンパク質、炭水化物と並ぶ3大栄養素

リノール酸

効果作用

体内の血中コレステロールを下げる効果があります。

  • 必須脂肪酸の1つ
  • 不飽和脂肪酸※

※不飽和脂肪酸:常温では液状で植物油に多く含まれる

リノール酸を含む油

  • グレープシード油、コーン油、大豆油、綿実油

上記種類の中ではグレープシード油※が多くリノール酸が入っています。

※グレープシード油:ブドウの種から作る油 価格は高め

まとめ

体内で合成できない不飽和脂肪酸のリノール酸について記載しました。

特にコレステロールが気になる方は適度に摂取することがおすすめです。

 

大豆油あたりが手ごろに入手出来ます。