さばのへしこ

サバのへしこ/絶品おかず。ぬか床に1年以上漬け込んだ高級食材です

さば

サバは一般家庭で食べられる誰でも知っているお魚です。

さばをさらにおいしく食べるために一工夫したものがサバのへしこというものです。

 

簡単に言うとサバをぬか床に1年漬け込んだ手間ひまがかかっている食材です。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • サバのへしことは?サバを1年以上ぬか床につけた食品
  • 福井県の伝統料理
  • ヘシコとは?樽に重石をかけて漬け込むつまり『押し込む』がへしこに変化したと言われている

 

さばのへしこ

  • 材料は青魚のサバ
  • 脂の乗った秋から冬に収穫される

 

 

製造方法

  1. サバからえらや内臓を取り除き樽に塩漬けします。
  2. ぬか漬けする前に塩漬けすることで水分を抜きます
  3. 本漬けの前にサバの塩をとり、しょうゆやみりん等を加えて漬け込みます。
  4. 1年以上漬け込み発酵させます

まとめ

サバのヘシコについて記載しました。個人的にはお酒のつまみやごはんのおかずにぴったりです。

漬け込むときの調味料の配合が各製造会社によってちがうので、色々な味を楽しめます。

 

 

 

 

サジー
サジーとは?/スーパーフルーツ/200種類以上の栄養素/ジュースがおすすめです 人間の身体に必要な栄養素はたくさんあります。 食品から摂取するのが簡単な方法ですが毎日必要な摂取量を取るには非常に...
和牛の冷凍フレーク/ごはんにかけると絶品おかずです。 牛肉もたくさんの産地がありますよね。その中でも今回は北海道産の牛肉フレークを記載します。 テレビでも見たことがあると思...

 

過去記事