フルーツ

キウイフルーツはビタミンCが豊富な果物で美肌効果が期待できます。

キウイフルーツ

果物にはたくさんの種類があります。中でも価格も手ごろな果物にキウイフルーツがあります。

値段も安価で小さいので毎日食べても残さず食べれるので私は重宝しています。

 

またビタミンCも多いので肌等に効果が良い果物です。

アンチエイジング効果のある成分と食品のまとめになります。

この記事ではこのような事がわかります。

  • キウイフルーツは2種類⇒中身が緑と黄色がある
  • 果肉が黄色の方が甘くビタミンCが2倍多い
  • 栄養成分は⇒ビタミンC、E、ビタミンB群、食物繊維、ミネラル等を含みます

キウイフルーツとは

マタタビ科マタタビ属の植物の果実

キウイキウイ
  • 大きさは鶏卵くらいで皮が茶色で毛状の繊維に覆われている
  • 1個約80g~120g

キウイの産地について

世界では下記の国が生産量が多い

  1. イタリア
  2. 中国
  3. ニュージーランド

日本では下記の県が生産量が多い

  1. 愛媛県
  2. 福岡県
  3. 和歌山県
  4. 神奈川県

キウイフルーツの栄養成分

100gあたりの栄養素量/キウイフルーツ

令和3年文部科学省資料より
緑肉キウイフルーツ
黄肉キウイフルーツ
エネルギー
51kcal
63Kcal
水分
84.7g
83.2g
たんぱく質
1.0g
1.1g
脂質
0.2g
0.2g
食物繊維
2.6g
1.4g
コレステロール
0mg
0mg
炭水化物
13.4g
14.9g
ナトリウム
1mg
2mg
カリウム
300mg
300mg
カルシウム
26mg
17mg
マグネシウム
14mg
12mg
リン
30mg
25mg
0.3mg
0.2mg
亜鉛
0.1mg
0.1mg
0.1mg
0.07mg
マンガン
0.09mg
0.04mg
ヨウ素
0μg
0μg
セレン
1μg
0μg
クロム
0μg
0μg
モリブデン
0μg
0μg
ビタミンA
4μg(レチノール活性当量)
3μg(レチノール活性当量)
ビタミンD
0μg
0μg
ビタミンE
1.3mg
2.5mg
ビタミンK
6μg
6μg
ビタミンB1
0.01mg
0.02mg
ビタミンB2
0.02mg
0.02mg
ナイアシン
0.5mg(ナイアシン当量)
0.5mg(ナイアシン当量)
ビタミンB6
0.11mg
0.14mg
ビタミンB12
0μg
0μg
葉酸
37μg
32μg
パントテン酸
0.31mg
0.26mg
ビオチン
1.4μg
0μg
ビタミンC
71mg
140mg
食塩相当量
0g
0g

キウイフルーツに含まれるビタミンC

美肌効果

キウイフルーツに含まれるビタミンC

キウイフルーツの種類は2つ

外観はほぼ同じでも中身の色が2種類あります。

中の果肉の色が緑色と黄色で、黄色い方が酸味が少なく甘いです。

キウイ
  • 黄色い方が糖度が高い(17~18度)ちなみに緑の方は14~15度です
  • ビタミンCが緑に比べて2倍あります

キウイフルーツのまとめ

キウイフルーツはビタミンCが豊富

キウイフルーツの記事を記載しました。

手ごろな価格とビタミンやミネラルが豊富で美肌や体に効果的な果物です。

大きさも卵くらいで1個約100g程度です。

 

健康の為1日1個食べて見てはいかがでしょうか。

スーパーに行くのが面倒な方はネット購入ですね。

 

 

 

 

 

『たべもぐブログ』

たべもぐブログたべもぐブログ』では食べ物、飲み物、栄養素等の情報を発信していきます。