コレステロール

コレステロールとは?脂質の1つ/2種類あります/LDLとHDL

コレステロール

健康診断に行くと血液検査をされます。結果を見るとLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類あります。

 

どう違うのだろうと思ったことがありませんか?

 

この記事ではそんな疑問を記事にまとめてみました。

  • HDLコレステロールは血液内で良い作用で善玉コレステロールといわれます
  • LDLコレステロールは血液内では悪玉コレステロールといわれます
  • HDLコレステロールは血管の壁にたまったコレステロールを取り除く役割
  • LDLコレステロールは全身にコレステロールを運ぶだけで血管や抹消組織に置いていくだけの作用

コレステロールとは

コレステロールは水に溶けないため血液内ではタンパク質と結合したリポタンパク質の状態で存在します。

  • 2種類のコレステロールがある
  • LDLコレステロールとHDLコレステロール
  • 脂質の1つで体を健康に保つ上で重要な役割がある
  • コレステロールは人間の細胞膜やホルモン、胆汁酸、ビタミンDを形成する為に必要な物質
  • 一定量は体内の維持に必要

LDLコレステロールとは?

血液中ではタンパク質とコレステロールが結合した状態で存在します。

低密度リポタンパク(Low Density Lioprotein)を略してLDL

  • LDLコレステロールは肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ役目
  • 血液中のコレステロールが増えすぎると血管の壁の内部に入り込み蓄積していきます
  • その結果血管壁は厚く硬くなり動脈硬化になってしまい健康を害することから悪玉コレステロールと言われます

HDLコレステロールとは?

血液中ではタンパク質とコレステロールが結合した状態で存在します。

高密度リポタンパク(High Density Lioprotein)を略してHDL

  • HDLコレステロールは増えすぎたコレステロールを回収します
  • 血液中の血管壁の内部に蓄積したコレステロールを取り除き肝臓に戻す役割があるので善玉コレステロールといわれます

コレステロールが異常な場合

動脈硬化・脳梗塞・脳卒中の要因となる可能性があります

まとめ

コレステロールの詳細をまとめました。

コレステロールのポイントは下記の通りです。

  • コレステロールは血液中ではタンパク質とコレステロールが結合状態で存在
  • コレステロールは人間の細胞膜やホルモン、胆汁酸、ビタミンDを形成する為に必要な物質で、一定量は体内の維持に必要
  • 健康診断で異常な値になった場合は病気の要因となる
  • HDLが善玉コレステロール、LDLが悪玉コレステロールという
  • HDLが血液中の血管壁内部に蓄積したコレステロールを取り除き肝臓に戻す役割がある

定期的な健康診断をして値を確認することが大事ですね。

バナナ
食物繊維とは/体内では消化されにくい成分/水溶性と不溶性があります 食物繊維は、水溶性繊維と不溶性繊維と大きく分けて2つの種類があります。 昔は食物繊維は人間の身体に重要であると思われていま...
不飽和脂肪酸
脂肪酸/リノール酸とは?/体内で合成できない必須脂肪酸/コレステロールを下げる効果があります 油は色々な植物や動物から取れます。 その中でも植物から取れる油は体に良いものも多くあります。 今回は必須脂肪酸の...
アミノ酸
必須アミノ酸/メチオニンとは?/コレステロール分解作用や免疫増強作用に関与します タンパク質は、ミネラル、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素の1つです。 タンパク質はアミノ酸で構成されています。 ...
不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸/オレイン酸/悪玉コレステロールを下げる効果があります 油は色々な植物や動物から取れます。 その中でも植物から取れる油は体に良いものも多くあります。 今回は不飽和脂肪酸...