お菓子

マカロンとは?作るのに技術が必要と手間ひまがかかるので高級品なのです。

マカロン

マカロンと聞いて知らない人いないくらい有名なお菓子ですよね。

直径3センチから4㎝くらいの大きさで値段は1個200円から500円ぐらいです。

 

マカロンは頻繁にたくさん食べれない高級お菓子の1つです。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • マカロンの発祥は諸説あるが、イタリア発祥でフランスで広まった説が有力
  • フランスでは数百種類のマカロンが存在
  • カテゴリーはクッキーの仲間
  • 大きさは約直径3㎝から4㎝
  • 赤や黄色等のカラフルな生地が特徴
  • 値段は1つ約200円から500円と高級品
  • 生地に手間がかかる事と熟練した技術が必要

マカロンとは

赤いマカロン

歴史

マカロンの起源には諸説あります

  • 8世紀にイタリアでマカローネと言う菓子があったのを16世紀にフランスに持ち込まれ広まった説
  • 8世紀頃にはフランスの地方の修道院で作られていた説
  • もともとはクッキーに近い素朴なお菓子だった
  • 現在フランスでは数百種類のマカロンが存在

形状

現在販売されているマカロンの形状は1930年代フランスのパリが発祥

  • 2枚の生地の中にガナッシュクリームを挟み込んだもの
  • 生地の色や中のクリームの様々な色がある
  • 生地の大きさは3㎝から4㎝程度
  • 日本で販売されているマカロンの形状はフランスのパリの形状からきている通称「マカロン・パリジェンヌ」
カラフルなマカロン

製造方法

生地を作る技術が必要である事と手間が非常にかかる

  1. 泡立てた卵白をベースに砂糖、粉末アーモンドを混ぜる
  2. 直径3㎝から4㎝に絞り出ししばらく乾燥させる
  3. オーブンで生地を6分ほど焼き上げる
  4. 表面が固まったら再度熱を逃がす
  5. 再度オーブンで焼き上げる
  6. クリームを挟んで出来上がり

生地にひびが入りやすいので、生地の作り方やオーブンでの焼き加減が重要

ひびの入った生地は商品にはならない

まとめ

マカロンの記事の詳細

 

  • フランスでは数百種類のマカロンが存在します。
  • 名前もロレーヌ地方の「マカロン・ド・ナンシー」、北フランスの「マカロン・ダミアン」、ボルドー地方の「サン・テメリオン」等があります。
  • 諸説あるがイタリア発祥でフランスで広まった説が有力
  • フランスでは数百種類のマカロンが存在
  • 大きさは約直径3㎝から4㎝
  • 赤や黄色等のカラフルな生地とクリームの色が特徴
  • 作り方が手間と技術がいるので高級品

日本では生地がつるつるのパリ風のものが主流ですね。

 

抹茶やユズ等をフレーバやクリームの色に使用しているのもありますので、多種多様なマカロンを堪能することが出来ます。

 

形状も貝殻やハートやお花のような形の生地もあります。

 

カラフルなマカロン

ふるさと納税で購入するのも1つの方法です。

ふるさとプレミアム

たべもぐブログ

たべもぐブログTwitter

たべもぐブログInstagram

 

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』