抗酸化作用

抗酸化作用とは?体内の過剰な活性酸素を抑える働きの事を言います。

活性酸素を抑制するトマト

人間は毎日呼吸をして酸素を取り込んで生きています。

酸素は体内で酸素を使用しエネルギーをつくり出します。

 

その過程で酸化力の強い『活性酸素』に変化します。

活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃し分解します。

 

人間にとってはならない存在なのですが、過剰に増えすぎると逆に細胞を傷つけ体内を酸化させ生活習慣病を招いてしまします。

 

過剰に増加した『活性酸素』を抑える事を抗酸化作用と言います。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • 抗酸化作用とは体内で過剰に増加した活性酸素を抑制する作用の事
  • 活性酸素が増加すると細胞が傷つき細胞機能が低下、疲労増大や肌のしみやしわの増加、動脈硬化、脂質異常等を引き起こす
  • 防止するにはストレスをためない、たばこを吸わない、紫外線をあびすぎない、食品添加物の少ない食品を摂取する、暴飲暴食をしない
  • 対策は野菜や果物、魚介類等の抗酸化食品を摂取する

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは体内で生成された活性酸素を抑制する事

酸素

活性酸素とは

酸素から作り出される酸化力の強い作用

酸素は良い面と悪い面があります

  • 人間が生きている限り呼吸をしないと生きる事が出来ません
  • 呼吸によって取り込まれた酸素の約2%が活性酸素になる
  • 体内に侵入したウイルスや細菌を酸化させ体を守る重要な作用
  • 食べ物からエネルギーを作り出す時に酸素を使用
  • 人間の生活環境や生活習慣で活性酸素が増加しやすくなる
  • 活性酸素が増加すると細胞が傷つき細胞機能が低下し生活習慣病や体調不良になる

なぜ活性酸素が増加するの?

6つの要因で活性酸素が増加

  1. 過度の紫外線をあびると活性酸素が増加します
  2. 暴飲暴食で食べた分エネルギーをつくり出そうとするので活性酸素が増加します
  3. ストレスで活性酸素が増加します
  4. たばこを吸うと煙の有害物質を処理するために活性酸素が増加します
  5. 食品添加物の化学合成物を分解解毒する過程で活性酸素が増加します
  6. 激しい運動も大量の酸素を必要とするため活性酸素が増加します

活性酸素を抑制する抗酸化作用成分

野菜、果物、魚介類に多く抗酸化成分を含有します

カロテノイド

フルーツトマト

植物や魚介類に含まれる色素成分

ビタミン

ビタミンA

野菜や果物に含まれる栄養成分

ポリフェノール

巨峰

植物に含まれる色素や香り成分

抗酸化作用による研究文献

血流改善効果、心血管疾患の予防の文献

※アメリカ国立衛生研究所資料

まとめ

人間の体内で発生する過剰な活性酸素を抑える抗酸化成分について記載しました。

基本的に体内では良い作用で働きますが、過剰になると悪い作用が多くなります。

 

活性酸素を抑制する抗酸化作用のある食品を食べて健康な生活を心がけたいですね。

 

この記事のまとめは下記の通りです。

  • 抗酸化作用とは体内で過剰に増加した活性酸素を抑制する事
  • 活性酸素が増加すると細胞が傷つき細胞機能が低下する
  • 疲労増大や肌のしみやしわの増加、生活習慣病を引き起こす原因となる
  • 防止するにはストレスをためない、たばこを吸わない、紫外線をあびすぎない、食品添加物の少ない食品を摂取する、暴飲暴食をしない
  • 野菜や、果物、魚介類等の抗酸化食品を摂取する
栄養を多く含むサジー
サジーとは?/スーパーフルーツ/200種類以上の栄養素/ジュースがおすすめです 人間の身体に必要な栄養素はたくさんあります。 食品から摂取するのが簡単な方法ですが毎日必要な摂取量を取るには非常に...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』