アスタキサンチン

アスタキサンチンとは?カニ/エビ等に多く含有。効果作用は?

アスタキサンチンを含むエビとかにアスタキサンチンを含むエビとかに

アスタキサンチンは、カテロイドの1種でエビ、カニ、いくら、鮭等に多くふくまれる赤色の天然色素です。

カロテノイドとは?

 

魚介系のアスタキサンチンは強力な抗酸化作用を持った成分で、ビタミンEの約1000倍と言われています。

 

抗酸化作用とは?

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • アスタキサンチンとはカロテノイドの1種で、赤色の天然色素
  • 野菜や果実ににも含まれるが赤い魚介系類にも存在する
  • 強い抗酸化作用で老化防止
  • 脂質を抑制
  • 眼精疲労軽減
  • 血管の硬化防止
  • 脳の認知機能向上
  • 魚介系ではカニ、エビ、鮭、いくら等に多く含有
  • アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの約1000倍

アスタキサンチンとは

海のカロテノイドともいわれる強力な抗酸化作用をもつ成分

アスタキサンチンは赤い天然色素

アスタキサンチンを含む鮭アスタキサンチンを含む鮭

アスタキサンチンはカロテノイドの1種

  • 人間の体内では合成することが出来ません
  • 天然に存在する色素で約600種類以上あると言われています
  • 赤色以外に黄色やオレンジ色等があります
  • エビ、カニ、鮭、いくら等に多く含まれています
  • カテロイドは数種類存在するがアスタキサンチンの抗酸化力が一番強いと言われています
  • アスタキサンチンは脂溶性※の為体内に蓄積しますが、約3日後には消失することがわかっています

※脂溶性とは水に溶けない性質で体内に一定時間貯蔵されます。取りすぎは過剰症をおこすことがあります。

アスタキサンチンはなぜ赤いの?

ヘマトコッカス藻がアスタキサンチンの素

  • ミドモナス科ヘマトコッカス属の植物プランクトンがアスタキサンチンを合成します
  • 赤い色素は乾燥や紫外線から身を守るためと言われています
  • ヘマトコッカス藻という微細藻を食べるプランクトンをオキアミ等が食べ、さらにオキアミを鮭やエビ、カニが捕食するという食物連鎖で赤い色素を蓄積していきます

アスタキサンチンの効果作用

アスタキサンチンにはたくさんの人間に良い効果作用があります

特に抗酸化作用はビタミンEの約1000倍と言われています

アスタキサンチンのイメージ

アスタキサンチンの抗酸化作用

アスタキサンチンの特徴として高い抗酸化作用があります

アスタキサンチンは体内に発生した活性酸素の抑制作用が強く細胞を守る為、下記の効果があります

  • 美白、美肌効果
  • 視力回復の効果
  • 脂肪沈着防止効果
  • コレステロール、中性脂肪の抑制効果
  • 動脈硬化防止作用
  • 脳の脳梗塞や脳出血防止、認知機能向上効果
活性酸素を抑制するトマト
抗酸化作用とは?体内の過剰な活性酸素を抑える働きの事を言います。 人間は毎日呼吸をして酸素を取り込んで生きています。 酸素は体内で酸素を使用しエネルギーをつくり出します。 そ...

老化防止効果

抗皮膚老化、目じりのしわ等の防止

  • 外出して紫外線を浴びるとシミやしわが出来てしまいます
  • 皮膚にあるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けないようにアスタキサンチンが予防する効果があります

眼精疲労改善効果

長時間の読書やパソコン等での目の筋肉緊張を改善

  • 眼精疲労で目の毛様体筋が緊張状態になり慢性化することで頭痛や肩こりがおきます
  • アスタキサンチンを適正に摂取すると目の眼精疲労に効果があります
  • アスタキサンチンほど目に対する効果が1番高い成分

コレステロール・中性脂肪を抑制効果

脂質の酸化を抑制する効果

  • アスタキサンチンは悪玉コレステロール(LDL)による動脈硬化を予防する効果があります
  • 肝臓への脂肪沈着を抑制し肝硬変や肝炎を予防する効果があります
  • アスタキサンチンを摂取すると生活習慣病の予防になります

脳の認知機能向上効果

アスタキサンチンは脳内にはいれる数少ない成分

  • 脳は人間にとって重要な臓器なので、はいり込める物質は限られています
  • アスタキサンチンは『血液脳関門』を通過できる特殊な物質です
  • 脳は体内で酸素を多く使用する臓器なので活性酸素が多く発生します
  • 脳は活性酸素の悪影響を受けやすい臓器
  • 活性酸素を抑制するアスタキサンチンは脳梗塞や脳出血を防止する重要な役目をもっています
  • 活性酸素から脳神経細胞を守るので脳の衰えを防止します

アスタキサンチンのまとめ

強い抗酸化作用

アスタキサンチンについて記載しました

アスタキサンチンは、カテロイドの1つでエビ、カニ、いくら等に多くふくまれる赤色天然色素で強力な抗酸化作用で重要な効果があることがわかりました。

アスタキサンチンを含有するいくらとカニ丼

寒い時期にはカニやエビを食べて老化防止や眼精疲労を治しましょう!

アスタキサンチンのポイントは下記の通り。

  • アスタキサンチンとはカロテノイドの1種で、赤色の天然色素
  • 美肌効果で老化防止
  • コレステロールや脂質を抑制と動脈硬化の防止
  • 眼精疲労軽減
  • 脳の病気や認知機能の向上
  • カニ、エビ、鮭、いくら等に多く含有
  • アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの約1000倍
かにまみれ
訳なし『かにまみれ』通販・たまには贅沢を!評判は?  カニと言えば北海道が有名です。 通信販売でも購入出来ますが、たくさんの販売会社があります。 中でも株式会社...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』