もやし

もやしとは?栄養はあります!保存方法は?

もやし

もやしは野菜の中でも安い価格でたくさん食べれますよね。

ラーメンには欠かせないし、野菜等料理にも欠かせない食材です。

 

ただ日持ちしないのが残念なところです。傷みが早いので臭いとか出て食べれなくなった経験はありませんか?

 

鮮度がが落ちるのでなのでなるべく早めに使うようにしていますが、捨てることはなるべく避けたいですよね。

 

もやしの栄養や効果と保存方法について記載していきます。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

もやしとは

  • 日本では平安時代から栽培されていたが薬として使用されていた
  • 昭和時代に一般家庭に普及した

豆を人工的に発芽

冷暗所で豆に吸水させ27度から30度で栽培

  • 数日で収穫可能
  • 季節はとわなく1年中栽培できる
自家製もやし

もやしの種類

3種類の中で大豆もやしが栄養素多い

  • 大豆もやし
  • 緑豆もやし
  • ブラックマッペもやし

もやしの栄養成分と効果

水分は約90%以上

栄養は豊富です

栄養成分 大豆もやし100g当たり
エネルギー 29Kcal
水分 92g
タンパク質 3.7g
コレステロール 0mg
食物繊維 2.3g
脂質 1.5g
炭水化物 2.3g
有機酸 0g
ナトリウム 3mg
カリウム 160mg
カルシウム 23mg
マグネシウム 23mg
リン 51mg
0.5mg
亜鉛 0.4mg
0.12mg
マンガン 0.3mg
ヨウ素 0μg
セレン 0μg
クロム 0μg
モリブデン 0μg
ビタミンA 0μg
ビタミンD 0μg
ビタミンE 3mg
ビタミンK 57μg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン 1.2mg
ビタミンB6 0.08mg
ビタミンB12 0μg
葉酸 85μg
パントテン酸 0.36mg
ビオチン 0μg
ビタミンC 5mg

アミノ酸も豊富

必須アミノ酸と非必須アミノ酸の含有量

100gあたり 大豆もやし
イソロイシン 150mg
ロイシン 210mg
リシン 160mg
メチオニン 38mg
シスチン 43mg
フェニルアラニン 180mg
チロシン 100mg
トレオニン 140mg
トリプトファン 48mg
バリン 180mg
ヒスチジン 100mg
アルギニン 210mg
アラニン 150mg
アスパラギン酸 890mg
グルタミン酸 340mg
グリシン 110mg
プロリン 130mg
セリン 180mg

もやしの保存方法

冷蔵で保存する場合

もやしの保存期間は約1週間程度

もやしを水洗いして容器にかぶるくらい水を入れてふたをして冷蔵庫に入れ2日1回水を交換する

冷凍で保存する場合

もやしの保存期間は約1か月

冷凍なら袋ごと冷凍庫に入れる

もやしのまとめ

もやしは人為的に冷暗所で栽培

ラーメンンのもやし

栄養が多い安価な野菜です。

保存方法も冷蔵も冷凍も出来る事がわかりました。

これならいつでも廃棄することなく食べることが出来ますね。

 

もやしについてのまとめは下記の通りです。

  • もやしとは豆を冷暗所で人為的に発芽させたもの
  • もやしは大豆、緑豆、ブラックマッペの3種類
  • 数日で収穫でき、1年中作ることが出来る
  • 平安時代から栽培されており薬として使用されていた
  • 昭和時代にもやしが普及
  • 栄養が豊富で3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を含む
  • ミネラル(カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム)が多い
  • ビタミンE、ビタミンK、ビタミンC、ビタミンB群を含む
  • アミノ酸も多く含む
  • 冷凍なら袋ごと冷凍庫に入れて約1か月持つ
  • 冷蔵の場合もやしを水洗いして容器にかぶるくらい水を入れてふたをして冷蔵庫に保存、2日1回水を交換すると約1週間持つ
必須アミノ酸
必須アミノ酸とは?9つの種類があります。各々の効果作用を説明 タンパク質はアミノ酸で構成され、人間の体内では20種類のアミノ酸が人間の組織や重要な効果をつくり出してます。 その中でも人...
ソルビトール
アミノ酸とは?人間に必須な栄養素/タンパク質の構成物質ですタンパク質は、ミネラル、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素の1つです。 タンパク質はアミノ酸で構成されています。 ...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』