ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは眼に効果的な色素成分です/カロテノイドの一種

ゼアキサンチンを含むパプリカゼアキサンチンを含むパプリカ

カロテノイドの一種にゼアキサンチンという物質があります。

ゼアキサンチンは眼に効果的な色素成分です。

 

眼病を予防するカロテノイドで他にはルテインやアスタキサンチン等が知られています。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • ゼアキサンチンとは脂溶性のカロテノイドの一種で色素成分です
  • ゼアキサンチンは眼に良い効果を持っています
  • ゼアキサンチンは加齢黄斑変性症や白内障を防ぐ効果があります
  • ゼアキサンチンとルテインのみが眼の黄斑部や水晶体の中に存在している物質です
  • ゼアキサンチンは強い抗酸化力を持っており活性酸素を抑制し眼を保護しています
  • ゼアキサンチンは体内で合成することは出来ません
  • ゼアキサンチンとルテインは分子構造が似ており、同じような働きをすると言われています。
  • ルテインは生体内で代謝によってゼアキサンチンに変化します
  • ゼアキサンチンを含む食品はパプリカ、ほうれん草等の緑黄色野菜、とうもろこし、パパイヤ、マンゴー等に含まれます

ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンはカロテノイドの一種

カロテノイドとは?

  • 緑黄色野菜等に多い含む脂溶性の色素成分です
  • 脂溶性の色素成分です
  • 強力な抗酸化作用を持っています
  • 目の健康維持に重要な成分です
  • 体内で合成することはできないので食品等から摂取する必要があります

ゼアキサンチンを含む食品

体内で合成できないので食品等から摂取する必要があります。

橙色から黄色の色素に多く含むゼアキサンチン

  • パプリカ
  • トウモロコシ
  • ほうれん草
  • パパイヤ
  • マンゴー

眼のどこに存在するの?

ゼアキサンチンは眼球の主に黄斑部や水晶体に存在

眼球の構造眼球の構造

ゼアキサンチンとルテインの関係

ルテインとゼアキサンチンは分子構造が似ている

  • ゼアキサンチンが不足した場合、ルテインが生体内の代謝でゼアキサンチンに作り変えることが出来ます
  • ルテインもゼアキサンチン同様の働きをすると言われています

ルテインとは?

ゼアキサンチンの効果作用

ゼアキサンチンは強い抗酸化作用を持っており、眼に増加しやすい活性酸素を防ぐ効果があります。

活性酸素は細胞を損傷させる悪い作用を持ちます。

抗酸化作用とは?

加齢黄斑変性症の予防

加齢黄斑変性症は年齢による変化、光障害、喫煙や食事等により網膜の中心部の黄斑がダメージを受けて見えにくくなったり失明したりする事をいいます。

ゼアキサンチンの抗酸化作用で活性酸素のダメージを抑制します

  • 眼の黄斑部には光を受け止める細胞が存在していて光を受けると細胞がダメージを負い物の見え方が悪くなってしまいます
  • ゼアキサンチンは紫外線やブルーライトを吸収する作用があるので、黄斑変性症の予防する効果があります

白内障の予防

白内障も同じく年齢による変化、光障害等より眼の水晶体ががダメージを受けて見えにくくなったり失明したりする事をいいます。

ゼアキサンチンの抗酸化作用で活性酸素のダメージを抑制します

  • 眼の水晶体は活性酸素の影響で徐々に白く濁っていく病気です
  • ゼアキサンチンは眼の水晶体の活性酸素による酸化防止作用があるので予防する効果があります

ゼアキサンチンのまとめ

ゼアキサンチンを含むトウモロコシゼアキサンチンを含むトウモロコシ

カロテノイドの一種であるゼアキサンチンは天然色素を持つ成分

またゼアキサンチンは眼の病気の予防になることもわかりました。

 

ゼアキサンチンを含む食品やサプリメントを摂取して眼の病気を防止しましょう。

 

ゼアキサンチンのまとめは下記の通りです。

  • ゼアキサンチンとは脂溶性のカロテノイドの一種で色素成分
  • ゼアキサンチンは眼に良い効果を持っており加齢黄斑変性症や白内障を防ぐ効果を持つ
  • ゼアキサンチンとルテインのみが眼の黄斑部や水晶体の中に存在している物質
  • ゼアキサンチンは強い抗酸化力を持っており活性酸素を抑制し眼を保護
  • ゼアキサンチンは体内で合成することは出来ません
  • ゼアキサンチンとルテインは分子構造が似ており、同じような働きをする
  • ルテインは生体内で代謝によってゼアキサンチンに変化する時がある
  • ゼアキサンチンを含む食品はパプリカ、ほうれん草等の緑黄色野菜、とうもろこし、パパイヤ、マンゴー等に含有
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』