クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で老化防止、生活習慣病防止効果があります

クロロゲン酸を含むコーヒークロロゲン酸を含むコーヒー

ポリフェノールにはたくさんの種類があります。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で老化防止、生活習慣病防止効果があります。

 

クロロゲン酸はコーヒーやさつまいも等の食品に含まれています。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • クロロゲン酸はポリフェノールの一種です
  • クロロゲン酸はコーヒーに多く含まれます
  • クロロゲン酸は強い抗酸化作用があります
  • クロロゲン酸は老化防止や生活習慣病の防止(血糖値上昇抑制作用、中性脂肪抑制作用、血圧改善作用)等があります
  • クロロゲン酸を含む食品はコーヒー、さつまいも、じゃがいも等があります
  • クロロゲン酸を多く含むのはコーヒーです
  • クロロゲン酸は缶コーヒーよりもペーパードリップしたコーヒーの方が含有量が多いです
  • クロロゲン酸はコヒー豆の種類によって含有量が違います
  • クロロゲン酸はモカシダモ、キリマンジャロ、コロンビア、マンデリンが多く含まれます。

クロロゲン酸とは

クロロゲン酸はポリフェノールの一種

クロロゲン酸は強い抗酸化作用があります

体内で発生した活性酸素を抑制する効果があります。活性酸素は体内で細菌やウイルスを攻撃する重要な役目がありますが、増えすぎると逆に人間の細胞を傷つけてしまいます。

  • クロロゲン酸は食品ではコーヒーやさつまいも、じゃがいも等の食品に含まれます。
  • 中でもコーヒーが多く含まれます。

クロロゲン酸の効果作用

クロロゲン酸は生活習慣病の防止に役立つ成分です。

老化防止

  • クロロゲン酸は強い抗酸化作用で活性酸素を抑制し細胞の老化を防ぎます

血糖値上昇抑制効果

  • クロロゲン酸は糖尿病の原因となる血糖値の上昇を抑える効果があります。
  • 糖尿病は血液中のグルコースが高くなることで起こる病気で失明したり腎症等が出る病気です

中性脂肪を抑制し動脈硬化等を防止する効果

  • クロロゲン酸はトリグリセライド(中性脂肪)を体に吸収されるのを防止します
  • 肝臓に付く脂肪肝を予防したり動脈硬化を防止したりします

血圧改善効果

  • ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は血圧を下げる効果があります
  • トクホなどの飲料にもクロロゲン酸が利用されています

クロロゲン酸による血圧低下作用研究資料

クロロゲン酸を含む食品

コーヒーやさつまいも、じゃがいもに含まれます。

含有量が多い食品はコーヒーが多いです。

コーヒーに多く含有

コーヒーの種類や抽出方法でクロロゲン酸含有量は大きく違ってきます。

  • 缶コーヒーよりもペーパードリップしたコーヒーの方が含有量が多いです
  • クロロゲン酸はコヒー豆の種類によって含有量が違います
  • クロロゲン酸はモカシダモ、キリマンジャロ、コロンビア、マンデリンが多く含まれます

コーヒーに含まれるクロロゲン酸の文献

クロロゲン酸のまとめ

クロロゲン酸は抗酸化作用をもつポリフェノール類

クロロゲン酸は老化防止や糖尿病等の生活習慣病の予防に役立つ成分です。

身近なコーヒーに多く含みますが缶コーヒーよりペーパードリップで飲んだ方がより効果的です。

クロロゲン酸のまとめは下記の通りです。

  • クロロゲン酸はポリフェノールの一種
  • クロロゲン酸はコーヒーに多く含有
  • クロロゲン酸は強い抗酸化作用がある
  • クロロゲン酸は老化防止や生活習慣病の防止(血糖値上昇抑制作用、中性脂肪抑制作用、血圧改善作用)等がある
  • クロロゲン酸を含む食品はコーヒー、さつまいも、じゃがいも等
  • クロロゲン酸を多く含むのはコーヒー
  • クロロゲン酸は缶コーヒーよりもペーパードリップしたコーヒーの方が含有量が多い
  • クロロゲン酸はコヒー豆の種類によって含有量が違う
  • クロロゲン酸はモカシダモ、キリマンジャロ、コロンビア、マンデリンが多く含有

クロロゲン酸と同じように抗酸化作用で老化を抑制するアスタキサンチンやコエンザイムQ10もおすすめです。

 

アスタキサンチンは強い抗酸化力を持つ成分

【コエンザイムQ10+アスタキサンチン+αリポ酸サプリメント】

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』