イノシトール

イノシトールはビタミン様物質で生活習慣病を防止します。

イノシトールを含むビール酵母イノシトールを含むビール酵母

イノシトールは人間の体内に多く存在する成分です。特に神経細胞や筋肉に多く存在します。

イノシトールは広く動植物に存在し果物や穀物等にも存在し人間の体内でも合成されます。

 

イノシトールはビタミン様物質で生活習慣病を防止します。

 

たべもぐブログ』ではこのようなことがわかります。

  • イノシトールは水溶性のビタミン様物質です
  • イノシトールは植物等に存在しますが人間の体内でも合成されます
  • イノシトールは特に神経細胞や筋肉に多く存在します。
  • イノシトールは以前はビタミンB群の1つであったが現在では違います
  • イノシトールはビール酵母やレバー、果物(グレープフルーツ)、野菜(トマト、ジャガイモ、穀類(小麦、豆類)等に含まれます
  • イノシトールは欠乏すると脱毛症、便秘、コレステロールが高くなったりします
  • イノシトールは生活習慣病の防止(脂肪肝、動脈硬化)、神経細胞の機能を助ける作用があります

イノシトールとは

イノシトールは水溶性※のビタミン様物質

※水溶性とは水に溶けやすい物質のことをいいます。

イノシトールは人間の体内にも存在し特に筋肉や神経細胞に多く含有

  • イノシトールは昔はビタミンB群の1つでしたが体内で合成されることがわかった事、欠乏症も無い為現在では、ビタミン様物質※として定義されています

※ビタミン様物質とはビタミンの様な作用をもたらす成分を指します

  • イノシトールは体内でグルコースから合成されます
  • 別名はイノシットで、脂肪肝、肝硬変等の予防、治療薬として広く使用されている成分です
イノシトールを含む筋肉イノシトールを含む筋肉

イノシトールを含む食品

レバーやビール酵母、果物、穀類、野菜に多く含有

イノシトールは100g中の含有量

  • レバー 64mg
  • ビール酵母 380mg
  • グレープフルーツ 158mg
  • トマト 38mg
  • じゃがいも 97mg
  • 小麦 646mg
  • 緑豆 124mg
  • 米 23mg

イノシトールの効果作用

生活習慣病の防止や神経細胞の正常化機能

イノシトールは脂肪肝を防止する効果

体内の血液内の脂肪の流れを良くし肝臓に蓄積しない作用

  • イノシトールの作用で血管にコレステロールが付きにくくなるので動脈硬化等の予防が出来ます

イノシトールは神経機能を正常にする効果

イノシトールは体内の神経細胞の細胞膜に多く存在

  • イノシトールはリン脂質の構成成分で、特に神経細胞膜に多く含まれています
  • リン脂質は神経の働きを正常に保ち、脳細胞や発毛細胞等に栄養を供給する作用や発毛を健康の維持をする作用もあります

イノシトールのまとめ

イノシトールは神経細胞や筋肉に多く存在

イノシトールは生活習慣病の防止や神経機能正常化や脱毛防止

イノシトールは体内でも合成できますが欠乏すると脱毛したり生活習慣病になりやすくなります。

バランスの良い食事を心がけましょう!

 

イノシトールのまとめは下記の通りです。

  • イノシトールは水溶性のビタミン様物質
  • イノシトールは植物等に存在しますが人間の体内でも合成される
  • イノシトールは特に神経細胞や筋肉に多く存在
  • イノシトールは以前はビタミンB群の1つであったが現在では違う
  • イノシトールはビール酵母やレバー、果物(グレープフルーツ)、野菜(トマト、ジャガイモ、穀類(小麦、豆類)等に含まれます
  • イノシトールは欠乏すると脱毛症、便秘、コレステロールが高くなったりします
  • イノシトールは生活習慣病の防止(脂肪肝、動脈硬化)、神経細胞の機能を助ける作用があります

ビール酵母を含むエビオス錠

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』