みかん

みかんはビタミンC等が豊富で免疫力を上げる効果があります。

みかんみかん

みかんは日本で栽培されている一般的な果実です。

みかんは柑橘類でビタミンを多く含みますが他にも身体に良い栄養素がたくさん入っています。

 

みかんはビタミンC等が豊富で免疫力を上げる効果があります。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • みかんとはミカン科ミカン属の常緑低木の果実のことをいいます
  • みかんは小型の柑橘類の1つです
  • みかんは総称で一般的に収穫量が多いうんしゅう(温州)みかんを指します
  • みかんは中国から伝来した柑橘類が日本の鹿児島で偶然実生として生まれました
  • 江戸時代は紀州(和歌山県)みかんが主流でしたが、縁起が悪いと種が無い『うんしゅうみかん』は人気がありませんでした
  • 明治時代に味と種なしの利便性が受け温州みかんが主流になりました
  • 日本では出荷量1位は和歌山県、2位が静岡県、3位が愛媛県、4位が熊本県、5位が長崎県です
  • 温州みかんの収穫時期は11月から12月頃です
  • みかんビタミンAビタミンCクエン酸カリウム等を多く含有しています
  • みかんにはフラボノイドの一種ポリフェノール類のルチンも含まれます
  • みかんはファイトケミカルの一種のリモネンも含まれます
  • みかんは抗酸化作用が強いです
  • みかんは老化防止、美肌効果、疲労回復効果、免疫力を上げる効果、高血圧を予防する効果、血行促進効果、コレステロールを減少させる効果、リラックス効果があります

みかんとは

ビタミンCを多く含むミカンビタミンCを多く含むミカン

ミカン科ミカン属の常緑低木の果実

みかんは中国から伝来した柑橘類が鹿児島で偶然実生として生まれました

  • 小型の柑橘類の1つでみかんの総称
  • みかんとは一般的に収穫量が多い『うんしゅう(温州)みかん』を指します
  • 江戸時代は紀州(和歌山県)みかんが主流でしたが、種が無いうんしゅうみかんは人気がありませんでした
  • 明治時代に味と種なしの利便性が受け温州みかんが主流になりました
  • 温州ミカンは明治時代栽培されています
  • 日本でのみかんの旬の時期は11月から12月頃です

みかんの栄養素

みかんはカリウム、ビタミンC、ビタミンAを多く含有します

みかんは抗酸化作用が強い

  • みかんはビタミンC、カリウム、ビタミンA(β-カロテン、クリプトキサンチン)を多く含有しています
  • みかんはフラボノイドの一種ポリフェノール類のルチンを含みます
  • みかんはクエン酸も含まれます

100g中の栄養素一覧

栄養成分 みかん
エネルギー 49Kcal
水分 86.9g
タンパク質 0.7g
コレステロール 0mg
脂質 0.1g
炭水化物 12g
食物繊維 1.0g
有機酸 0g
ナトリウム 1mg
カリウム 150mg
カルシウム 21mg
マグネシウム 11mg
リン 15mg
0.2mg
亜鉛 0.1mg
0.03mg
マンガン 0.07mg
ヨウ素 0μg
セレン 0μg
クロム 0μg
モリブデン 0μg
ビタミンA 2964μg
ビタミンD 0μg
ビタミンE 0.4mg
ビタミンK 0μg
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.06mg
ビタミンB12 0μg
葉酸 22μg
パントテン酸 0.23mg
ビオチン 0.5μg
ビタミンC 32mg

みかんの収穫量

全国で765,800トンのみかん収穫量

都道府県別収穫量

下記5県で約7割のシェアがあります。

  1. 和歌山県 16万7100トン
  2. 静岡県 11万9800トン
  3. 愛媛県 11万2500トン
  4. 熊本県 8万2500トン
  5. 長崎県 4万7600トン

みかんの効果作用

ビタミンCは強い抗酸化作用で人間の機能維持するために必要な成分の1つです。

抗酸化作用とは?

老化防止・美肌効果

みかんに含まれる多量のビタミンC、クリプトキサンチン

  • みかんはビタミンCが豊富に含まれています
  • ビタミンCは抗酸化作用があり体内で出来た活性酸素を除去し細胞を守ります
  • その結果老化現象や肌のシミを防止する作用があります
  • ビタミンCやクリプトキサンチンはメラニン色素の沈着を防止します

疲労回復させる効果

みかんにはクエン酸も含有

  • みかんに含まれるクエン酸は体の疲労回復や食欲増進効果があります
  • クエン酸が疲労物質の乳酸を分解します
  • 運動時にグリコーゲンの分解を抑制し失われたグリコーゲンを回復させます

免疫力を上げる効果

みかんは多くのビタミンCを含有

  • みかんに含有するビタミンCが体内に入ってきた細菌やウイルスに対して抵抗力があります
  • 血液中の白血球の働きを高める役割を持っています
  • 白血球は体外からの細菌やウイルスを攻撃する機能があります

その他のビタミンの効果は?

高血圧を防止する効果

みかんはカリウムやルチンを含有

  • みかんに入っているカリウムは体内の余分な塩分を排出する作用があるので高血圧を防止します
  • ルチンは毛細血管を強化する働きがあります
  • 高血圧や脳卒中の予防になります

カリウム等のミネラルの作用とは?

血行促進作用

みかんに含まれるヘスペリジン

  • みかんに含有するヘスペリジンが抹消血管を拡張させる効果があり、血行を促進させます
  • また血管を拡張することで血圧を下げる効果もあります

ヘスペリジンとは?

コレステロール減少作用

みかんに含まれるβ-カロテン、ヘスペリジン、ビタミンC

  • みかんに含まれるβ-カロテン、ヘスペリジン、ビタミンCはコレステロールを減少させる効果があります
  • コレステロールは血管壁に付着するので血行不良や動脈硬化が起き心筋梗塞等の生活習慣病を引き起こす原因となります

リラックス作用

みかんにはリモネンを含みます

  • みかんに含まれるリモネンはファイトケミカルの一種です
  • 甘酸っぱい香りが特徴です
  • リラックス効果、眠気をさましたり、頭をすっきりさせる効果があります

みかんのまとめ

温州みかんは日本原産

ビタミンや栄養が豊富なみかんビタミンや栄養が豊富なみかん

みかんの栄養成分と効能について記載しましたが老化防止以外にも色々な効果がある事がわかりました。

 

みかんの記事のまとめは下記の通りです。

  • みかんとはミカン科ミカン属の常緑低木の果実のこと
  • 小型の柑橘類の1つで、みかんの総称で一般的に収穫量が多い『うんしゅう(温州)みかん』を指します
  • みかんは中国から伝来した柑橘類が日本の鹿児島で偶然実生として生まれました
  • 江戸時代は紀州(和歌山県)みかんが主流でした。また種が無いと縁起が悪いと『うんしゅうみかん』は不人気でした
  • 明治時代に味と種なしの利便性が受け『うんしゅうみかん』が主流になります
  • 日本では出荷量1位は和歌山県、2位が静岡県、3位が愛媛県、4位が熊本県、5位が長崎県
  • 温州みかんの収穫時期は11月から12月頃
  • みかんビタミンAビタミンCクエン酸カリウム等を多く含有
  • みかんにはフラボノイドの一種ポリフェノール類のルチンも含有
  • みかんはファイトケミカルの一種のリモネンも含まれます
  • みかんは抗酸化作用が強い
  • みかんは老化防止、美肌効果、疲労回復効果、免疫力を上げる効果、高血圧を予防する効果、血行促進効果、コレステロールを減少させる効果がある
レモン
レモンの栄養素と効果/老化防止には最適な果物です 柑橘類でビタミンCを多く含むレモンですが、色々な料理や飲料に使用されています。 また日本でも世界でも栽培されているポピュラ...

ふるさと納税を利用してみかんを購入するのも1つの手段です。

ふるさと納税
『ふるさと納税』とは?返礼品でおいしいものを食べましょう!/すごく簡単でお得です。注意点は? ふるさと納税は2008年から始まったシステムです。 任意の各地域の自治体にお金を寄付して、現在住んでいる自治体に寄付金を申...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』