テアニン

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸でリラックス作用等があります

テアニンを多く含む抹茶テアニンを多く含む抹茶

 

テアニンはお茶に含まれる成分でうま味と甘みを引き出す作用があります。

美肌に良い緑茶
緑茶の成分は美肌効果等があり生活習慣病の予防にもなります。 緑茶は日本人にはなじみのある飲み物です。温かいお茶も冷たいお茶も美味しいですよね。 緑茶は健康に良いと言われています。 ...

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸でリラックス作用等があります。

 

たべもぐブログ』ではテアニンに関してこのような事がわかります。

  • テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の一種でうま味成分です
  • テアニンはお茶の葉に含まれまます
  • テアニンは太陽の光を受けるとポリフェノールの一種のカテキンに変化します
  • テアニンは抹茶が一番多く、玉露、せん茶、番茶の順に含有量が変わります
  • 湯呑1杯(80ml)あたりのテアニンの含有量は抹茶(36g)、玉露(34mg)、せん茶(10mg)、番茶(3mg)です
  • テアニンはリラックス効果、睡眠をうながす効果、高血圧を予防する効果、集中力を高める効果があります

テアニンとは

テアニンを含むお茶の葉テアニンを含むお茶の葉

テアニンはアミノ酸の一種でうま味成分

テアニンはお茶の葉に含みます

  • テアニンは太陽の光を受けると渋み成分のカテキンに変化します
  • テアニンは①抹茶が一番多く、②玉露、③せん茶、④番茶の順に含有量が変わります
  • 湯呑1杯(80ml)あたりのテアニンの含有量は抹茶(36g)、玉露(34mg)、せん茶(10mg)、番茶(3mg)です

テアニンの効果

お茶に含まれるテアニンの3つの効果

リラックス効果

お茶に含まれるテアニンで脳波が活発化する作用

  • テアニンを摂取するとアルファ波が出現しリラックス効果を得られます
  • 30分以上経過するとテアニンの効果が出てきます
  • テアニンの摂取量は200mgから効果が出ると言われています

睡眠をうながす効果

テアニンは脳の神経系を抑制する作用

  • お茶に含まれるテアニンは脳の興奮を抑え神経を鎮静化させ睡眠に導きます
  • 就寝1時間前に200mgテアニンを摂取したところ寝つきが良くなり熟睡できた研究報告もあります

集中力を高める効果

テアニンによる脳神経をリラックさせ仕事や勉強の効率化UP作用

テアニンのまとめ

テアニンを含むお茶テアニンを含むお茶

テアニンは体をリラックス効果等があります

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の1種でうま味成分

リラックスや集中したいときはお茶が有効であることがわかりました。

 

テアニンのまとめは下記の通りです。

  • テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の一種でうま味成分
  • テアニンはお茶の葉に含有
  • テアニンは太陽の光を受けるとポリフェノールの一種のカテキンに変化
  • テアニンは抹茶が一番多く、玉露、せん茶、番茶の順に含有量が変化
  • 湯呑1杯(80ml)あたりのテアニンの含有量は抹茶(36g)、玉露(34mg)、せん茶(10mg)、番茶(3mg)
  • テアニンはリラックス効果、睡眠をうながす効果、集中力を高める効果

テアニンはサプリメントでも摂取する事が可能です。

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』