コラーゲン

コラーゲンは美肌効果以外にも骨や筋肉にも存在し健康を維持します。

コラーゲンを含む豚足コラーゲンを含む豚足

 

コラーゲンは肌に関係する成分というイメージがあります。

コラーゲンは肌だけでなく体内の細胞の弾力を作り上げているたんぱく質の1つです。

 

コラーゲンは美肌効果以外にも骨や筋肉にも存在し健康を維持します。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • コラーゲンとはタンパク質の1つです
  • コラーゲンは人間の身体を構成しているたんぱく質の約30%を占めています
  • コラーゲンタンパク質は約30種類存在しⅠ型コラーゲンが最も多く含まれています
  • 体内のコラーゲンの約40%が皮膚、約15%が骨や軟骨に他にも血管や内臓等広く全身に含まれています
  • コラーゲンはビタミンCを一緒に摂取するとコラーゲン合成が促進されます
  • コラーゲンを多く含む食品は牛スジ、鳥軟骨、豚白モツ、フカヒレ、ウナギ、鮭等があります
  • コラーゲンの1日の摂取目安量は5g~10gで、毎日継続して摂取することが重要です
  • コラーゲンを食品から取ると脂質を過剰に摂取する恐れがあるので低分子サプリメントが効率的に摂取出来ます
  • 近年の研究で分子量が低いコラーゲンペプチドならそれ以上分解されずコラーゲンの機能を保ちつつ吸収される言われています
  • コラーゲンは美肌効果、骨や関節を丈夫にする効果、動脈硬化を防ぐ効果があります

コラーゲンとは

コラーゲンとはタンパク質の1つ

Ⅰ型コラーゲンが最も多く含まれています

  • コラーゲンは人間の身体を構成しているたんぱく質の約30%を占めています
  • コラーゲンタンパク質は約30種類存在しⅠ型コラーゲンが最も多く含まれています
  • 体内のコラーゲンの約40%が皮膚、約15%が骨や軟骨に他にも血管や内臓等広く全身に含まれています

コラーゲンを含む食品

コラーゲンは肉類、魚介類に多く含有

コラーゲンを食品から取ると同時に脂質を過剰に摂取する恐れがあるので注意です。

脂質は取りすぎると体重増加等悪影響もあります。

コラーゲンの1日の摂取目安量は5g~10g

100g中当たりのコラーゲン含有量
  • 牛スジ:4,980mg
  • 鳥軟骨:4,000mg
  • 豚白モツ:3,080mg
  • フカヒレ:9,920mg
  • ウナギ:5,530mg
  • 鮭:2,410mg

コラーゲンの効果

コラーゲンは年齢とともに体内の含有率が低下していきます。

美肌効果

皮膚の構造 コラーゲンの場所皮膚の構造 コラーゲンの場所

コラーゲンは真皮の部分に含まれます

  • 真皮全体の約70%を占めています
  • 繊維状のコラーゲンが網の目のように交差しエラスチンやヒアルロン酸と共に肌のはりと弾力を維持しています
  • 線維芽細胞によってコラーゲン等は作られますが年齢とともに衰え、肌が老化していきます
  • コラーゲンを摂取することで細胞のコラーゲン合成が活発化し美肌効果を促します

骨や関節を丈夫にする効果

軟骨部分にあるコラーゲン軟骨部分にあるコラーゲン

コラーゲンは骨の構成成分の約20%、関節の軟骨構成部分の約50%を占めます

  • 骨は約80%がカルシウムやリン、約20%のコラーゲンでカルシウムやリンがコラーゲンに付着する事で丈夫な骨になります
  • 関節の軟骨部分は骨と骨とのクッションの役割をしているので、軟骨に含まれるコラーゲンの代謝が悪くなると関節痛が起こります

動脈硬化を防ぐ効果

血管の中の血液血管の中の血液

コラーゲン線維は血管壁の強度と弾力性を保ちます

  • 血管が傷ついたときコラーゲンが不足すると修復出来ず血管がぼろぼろになります
  • 傷ついた血管壁にはコレステロール等が付着しやすくなり血栓が出来たり、動脈硬化になったりするのでそれを防止します

コラーゲンのまとめ

コラーゲンは美肌効果以外にも骨や関節にも有益

毎日定期的に摂取することが重要です。ただし過剰摂取は脂質を取りすぎたりするので体重増加になったりするので注意です。

 

コラーゲンは低分子のサプリメントで摂取がおすすめです

コラーゲンのまとめは下記の通りです。

  • コラーゲンとはタンパク質の1つ
  • コラーゲンは人間の身体を構成しているたんぱく質の約30%を占めています
  • コラーゲンタンパク質は約30種類存在しⅠ型コラーゲンが最も多く含まれています
  • 体内のコラーゲンの約40%が皮膚、約15%が骨や軟骨に他にも血管や内臓等広く全身に含まれています
  • コラーゲンはビタミンCを一緒に摂取するとコラーゲン合成が促進されます
  • コラーゲンを多く含む食品は牛スジ、鳥軟骨、豚白モツ、フカヒレ、ウナギ、鮭等があります
  • コラーゲンの1日の摂取目安量は5g~10gで、毎日継続して摂取することが重要です
  • コラーゲンを食品から取ると脂質を過剰に摂取する恐れがあるので低分子サプリメントが効率的に摂取出来ます
  • 近年の研究で分子量が低いコラーゲンペプチドならそれ以上分解されずコラーゲンの機能を保ちつつ吸収される言われています
  • コラーゲンは美肌効果、骨や関節を丈夫にする効果、動脈硬化を防ぐ効果があります



『Foods,Drinks,Nutrients,etc』