野菜・野菜料理

にんにくの効果は疲労回復以外にもたくさんあります。

疲労回復効果を持つにんにく疲労回復効果を持つにんにく

 

にんにくは料理に使用するとおいしい食品です。

身体にも健康に良い効果があります。

 

にんにくの効果は疲労回復以外にもたくさんあります。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • にんにくはユリ科ネギ属の多年草です
  • にんにくは英語でガーリック(Garlic)です
  • にんにくは強い辛みと独特の臭気(アリシン)があります
  • にんにくの原産地は中央アジア(キルギス地域)といわれています
  • にんにくの栽培は古くギリシャ、エジプト時代からといわれています
  • にんにくは日本には4世紀頃に中国から伝来したといわれ平安時代には薬として使用されています
  • にんにくの収穫量は1位青森県、2位香川県、3位北海道、4位岩手県です
  • にんにくの収穫時期は5月から6月です
  • にんにくの栄養素はたんぱく質カリウムリンビタミンB群ビタミンCアリシン、スコルジニンを含みます
  • にんにくの効果は疲労回復効果、血行促進効果、免疫力UP効果、悪玉コレステロールを抑制する効果があります

にんにくとは

にんにくにんにく

にんにくはユリ科ネギ属の多年草

にんにくは強い辛みと独特の臭気が特徴

  • にんにくは英語でガーリック(Garlic)です
  • にんにくの原産地は中央アジア(キルギス地域)といわれています
  • 栽培は古くギリシャ、エジプト時代からといわれています
  • 日本には4世紀頃に中国から伝来したといわれ平安時代には薬として使用されています
  • 収穫量は1位青森県、2位香川県、3位北海道、4位岩手県で収穫時期は5月から6月です

にんにくの栄養素

たんぱく質、カリウム、リン、ビタミンB群を含有します

にんにく 100gあたりの栄養素量

エネルギー
129kcal
水分
63.9g
たんぱく質
6.4g
脂質
0.9g
コレステロール
0mg
食物繊維
6.2g
炭水化物
27.5g
ナトリウム
8mg
カリウム
510mg
カルシウム
14mg
マグネシウム
24mg
リン
160mg
0.8mg
亜鉛
0.8mg
0.16mg
マンガン
0.28mg
ヨウ素
0μg
セレン
1μg
クロム
0μg
モリブデン
16μg
ビタミンA
2μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンK
0μg
ビタミンB1
0.19mg
ビタミンB2
0.07mg
ナイアシン
1.8mg
ビタミンB6
1.53mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
93μg
パントテン酸
0.55mg
ビオチン
2.0μg
ビタミンC
12mg
食塩相当量
0g
令和3年文部科学省資料より
他にアリシン(ファイトケミカルの一種)、スコルジニンを含みます。

にんにくの収穫量

全国では2万1200トンの収穫量

1位は青森県で全国の収穫量の約50%を占めます

青森県
1万4300トン
香川県
844トン
北海道
831トン
岩手県
359トン
鹿児島県
315トン
福島県
295トン
秋田県
273トン
令和2年農林水産省データより

にんにくの効果

皮をむいたニンニク皮をむいたニンニク

疲労回復効果

にんにくに含まれるビタミンB1とアリシン

  • にんにくに含まれるビタミンB1が糖質をエネルギーに変換する栄養素で、疲労を回復させます
  • にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミン(活性持続型B1)に変化し、ビタミンB1の吸収促進をさせ血中に長く留まる性質があり疲労を回復させます

血行促進効果

にんにくに含まれるスコルジニン

  • にんにくに含まれるアリシンが熱によってスコルジニンに変化します
  • スコルジニンは新陳代謝を活発化させ血行を促進させる効果があります

免疫力UP効果

にんにくに含まれるアリシン

  • にんにくに含まれるアリシンはファイトケミカル成分の1つで強い抗酸化作用があります
  • 抗酸化作用は体内の細菌やウイルスを抑制し感染症になるのを防ぎます

悪玉コレステロール抑制効果

にんにくに含まれるアリシン

  • にんにくに含まれるアリシンは血中の悪玉(LDL)コレステロールを抑制し善玉(HDL)コレステロールを増やす効果があります
  • 血管壁に付着したコレステロールを除去するので動脈硬化等の生活習慣病を防止する効果があります

にんにくのまとめ

料理に使われるにんにく料理に使われるにんにく

にんにくは疲労回復等に効果

生活習慣病の防止や冷え性にも効果があります

にんにくは料理の香りづけやしょうゆ漬けや味噌漬けにしてもおいしく食べられます。

ただし生でたくさん取りすぎると胃を荒らしたりするので生なら1日1片くらいにしましょう。

 

にんにくのまとめは下記の通りです。

  • にんにくはユリ科ネギ属の多年草です
  • にんにくは英語でガーリック(Garlic)です
  • にんにくは強い辛みと独特の臭気(アリシン)があります
  • にんにくの原産地は中央アジア(キルギス地域)といわれています
  • にんにくの栽培は古くギリシャ、エジプト時代からといわれています
  • にんにくは日本には4世紀頃に中国から伝来したといわれ平安時代には薬として使用されています
  • にんにくの収穫量は1位青森県、2位香川県、3位北海道、4位岩手県です
  • にんにくの収穫時期は5月から6月です
  • にんにくの栄養素はたんぱく質カリウムリンビタミンB群ビタミンC、アリシン、スコルジニンを含みます
  • にんにくの効果は疲労回復効果、血行促進効果、免疫力UP効果、悪玉コレステロールを抑制する効果があります

アリシンは第7の栄養素ファイトケミカルの1つです

アリシンを含むにんにく
アリシンはイオウ化合物の一種でにんにくやネギに含まれる臭気成分です。アリシンはイオウ化合物の一種でにんにくやネギに含まれる臭気成分です。たべもぐブログ...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』