お菓子

乳ボーロは柔らかいお菓子でカルシウムが豊富です。

乳ボーロ乳ボーロ

 

ボーロと言えば歯のない赤ちゃんが食べるイメージがあると思います。

でも大人でもはまるお菓子です。

 

乳ボーロは柔らかいお菓子でカルシウムが豊富です。

 

たべもぐブログ』では『乳ボーロ』に関してこのような事がわかります。

  • 乳ボーロは株式会社大阪前田製菓で製造販売されているお菓子です
  • 乳ボーロは呼び方は「にゅうボーロ」ではなく「ちちボーロ」です
  • ボーロは27種類ありますが乳ボーロは2種類あります
  • 乳ボーロはカルシウムが多く含まれるお菓子です
  • ボーロは16世紀ごろにポルトガルから伝来したお菓子といわれています
  • ボーロはポルトガル語で元々はお菓子の総称をさします
  • 諸説ありますが江戸時代には商品化されていました
  • 佐賀県では丸ボーロ、京都府ではそばボーロ、衛星ボーロ等があります

乳ボーロとは

乳ボーロは呼び方は「にゅうボーロ」ではなく「ちちボーロ」です。

株式会社大阪前田製菓で製造されているお菓子

焼き菓子や半生菓子を製造販売している老舗メーカーです

  • ボーロは27種類あります
  • カルシウムが豊富に入っている乳ボーロです
  • 乳ボーロは78gと105gの2種類あります

乳ボーロの栄養成分

乳ボーロの1袋あたり

1袋78g当たりの栄養素
エネルギー
300kcal
たんぱく質
1.0g
脂質
0.7g
炭水化物
72.5g
食塩相当量
0.04g
カルシウム
165mg

乳ボーロの原材料

乳ボーロ裏面乳ボーロ裏面

乳ボーロの名称は焼菓子

  • ばれいしょでん粉
  • 砂糖
  • 液全卵
  • ぶどう糖
  • 水あめ
  • 寒梅粉ミックス(とうもろこしでん粉、もち米)
  • 脱脂粉乳/卵殻カルシウム
  • 膨張剤
  • 香料

ボーロの歴史

ボーロはポルトガル語でお菓子の総称

日本では小麦粉、砂糖、鶏卵、牛乳等を材料とした小型の丸い焼菓子のことをさします。

ボーロは16世紀にポルトガルから伝来

  • 諸説ありますが江戸時代には商品化されていました
  • 佐賀県では丸ボーロ、京都府ではそばボーロ、衛星ボーロ等があります
乳ボーロ乳ボーロ

 

乳ボーロのまとめ

乳ボーロはカルシウムが多く含有するお菓子

株式会社大阪前田製菓で製造されているお菓子です。

乳ボーロのまとめは下記の通りです。

  • 乳ボーロは株式会社大阪前田製菓で製造販売されているお菓子です
  • 乳ボーロは呼び方は「にゅうボーロ」ではなく「ちちボーロ」です
  • ボーロは27種類ありますが乳ボーロは2種類あります
  • 乳ボーロはカルシウムが多く含まれるお菓子です
  • ボーロは16世紀ごろにポルトガルから伝来したお菓子といわれています
  • ボーロはポルトガル語で元々はお菓子の総称をさします
  • 諸説ありますが江戸時代には商品化されていました
  • 佐賀県では丸ボーロ、京都府ではそばボーロ、衛星ボーロ等があります
お菓子まとめ
お菓子をまとめました/和菓子・洋菓子・その他甘いものです。限定品もあります。お菓子をまとめました/和菓子・洋菓子・その他甘いものです。限定品もあります。たべもぐブログ...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』