水分

水分は体の温度調整等の目的を持っている大切な成分です

水のイメージ水のイメージ

 

水は私たちの体内に1番多く含まれる物質で体重の約60%前後占めています。

人間は数日水を摂取しないと生きることは出来ないと言われます。

 

水分は体の温度調整等の目的を持っている大切な成分です。

 

たべもぐブログ』では水分についてこのような事がわかります。

  • 水分は物質や混合物中の構成物質として含まれている水の事をいいます
  • 水分は人間の身体に多く含まれており成人男性で約60%前後、成人女性で約55%前後、新生児で約80%といわれています
  • 水は分子式は『H2O』です
  • 水分は1日約2Lから2.5Lの水分を失っておりその分補給しなければなりません
  • 人間の体内の水分量は適切に調整されており1日のうちの約1%以下と一定に保たれています
  • 人間は体重の約1%以上失われた時にのどの渇きを感じます
  • 体内の水分は細胞内液と細胞外液に分けられ細胞内液は約3分の2、細胞外液は約3分の1占めています
  • 細胞外液は血液やリンパ液、細胞間液に分けられます
  • 水分は体温調整作用、酸素や栄養を運搬する作用、新陳代謝機能を維持する作用があります

水分とは

ペットボトルに入った水ペットボトルに入った水

水分は物質や混合物中の構成物質として含まれている水の事

水は酸素と水素の化合物

  • 水は化学式では『H2O』
  • 水分は物質や混合物中の構成物質として含まれている水の事をいいます
  • 水分は人間の身体に多く含まれており成人男性で約60%前後、成人女性で約55%前後、新生児で約80%といわれています

人間の1日の摂取量

水の摂取基準値はありません

体内の水分は1日約2Lから2.5Lの水分を失っておりその分補給しなければなりません

  • 人間の体内の水分量は適切に調整されており1日のうちの体重の約1%以下と一定に保たれています
  • 人間は体重の約1%以上失われた時にのどの渇きを感じます
  • のどの渇きが感じた時は水分を補給しましょう
水分のイメージ水分のイメージ

水分の体内作用

体内の水分は細胞内液と細胞外液に分けられ細胞内液は約3分の2、細胞外液は約3分の1占めています。

体温調整作用

運動時や風邪の時に皮膚から水分を蒸発させ体温を下げる機能

  • 人間の平熱は36℃くらいですが体温が2度以上あがると体調をくずし危険な状態になるのを防ぎます

酸素や栄養を運搬する作用

体内の水分は細胞内液と細胞外液に分けらます

  • 細胞外液は血液やリンパ液、細胞間液に分けられます
  • 血液は体のすみずみまで細胞に酸素や栄養、ホルモン等を運びます

新陳代謝機能を維持する作用

体内の老廃物や過剰な物質を排出します

  • 細胞外液である血液は二酸化酸素や老廃物等を運搬し体外に排出する作用があります
  • 古い細胞から新しい細胞の代謝を促進させます

水分のまとめ

水のイメージ水のイメージ

水分は人間の生命維持に重要な成分

人間は体重の約1%以上失われた時にのどの渇きを感じます。その時は水分を補給しましょう。

水分のまとめは下記の通りです。

  • 水分は物質や混合物中の構成物質として含まれている水の事をいいます
  • 水分は人間の身体に多く含まれており成人男性で約60%前後、成人女性で約55%前後、新生児で約80%といわれています
  • 水は分子式はH2Oです
  • 水分は1日約2Lから2.5Lの水分を失っておりその分補給しなければなりません
  • 人間の体内の水分量は適切に調整されており1日のうちの約1%以下と一定に保たれています
  • 人間は体重の約1%以上失われた時にのどの渇きを感じます
  • 体内の水分は細胞内液と細胞外液に分けられ細胞内液は約3分の2、細胞外液は約3分の1占めています
  • 細胞外液は血液やリンパ液、細胞間液に分けられます
  • 水分は体温調整作用、酸素や栄養を運搬する作用、新陳代謝機能を維持する作用があります

炭酸水とは?効果詳細は?炭酸の抜けたコーラを復活させる方法

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』