食塩

食塩は塩化ナトリウムを主成分とし調味料や保存食に使用されます

塩分を含む海水塩分を含む海水

 

食塩は食べ物を料理する時に必要な調味料です。

 

食塩は塩化ナトリウムを主成分とし調味料や保存食に使用されます。

 

たべもぐブログ』では食塩についてこのような事がわかります。

  • 食塩は食用で使用される塩の事を言います
  • 工業用で使用する塩もあるので食塩と呼び区別しています
  • 食塩は別名『塩化ナトリウム』と言います
  • 食塩は化学式では『NaCl』と書きます
  • 食塩は体内ではNa(ナトリウム)イオン、Cl(塩化物)イオンに分かれます
  • 塩は白色ではなく無色透明で光の乱反射で白く見えます
  • 塩は『食塩』、『並塩』、『精製塩』に分けることが出来ます
  • 食塩は『海塩』、『岩塩』、『湖塩』で生産されます
  • 世界では岩塩から作られることが多く日本では海水から作られます
  • 日本では縄文時代から作られ江戸時代に製法が確立し広まりました
  • 1997年まで国による塩専売法で規制してきましたが廃止され、新たに塩事業法が制定されました
  • 2002年に塩の販売が自由化されましたが製造する場合は財務局に申請が必要です

食塩とは

塩

食塩の主成分は塩化ナトリウム

化学式では『NaCl』と書きます

  • 食塩は食用で使用される塩の事を言います
  • 工業用で使用する塩もあるので食塩と呼び区別しています
  • 塩化ナトリウムは体内ではNa(ナトリウム)イオン、Cl(塩化物)イオンに分かれます
  • 塩は白色ではなく無色透明で光の乱反射で白く見えます
  • 日本では縄文時代から作られ江戸時代に製法が確立し広まりました
  • 1997年まで国による塩専売法で規制してきましたが廃止され、新たに塩事業法が制定されました
  • 2002年に塩の販売が自由化されましたが製造する場合は財務局に申請が必要

塩は3種類に分けられます

『食塩』

海水を原料に作られる塩

  • 99%以上が塩化ナトリウムで一般的に販売されている塩です

『並塩』

粗塩ともいわれる塩

  • カリウムやマグネシウム、カリシウム等のにがりを含んだしっとりとした塩です

『精製塩

食塩を精製した塩

  • 塩化ナトリウムが99.5%以上の高純度のものでさらさらしているのが特徴です
  • 海水から電気分解等で作られる塩です

食塩は3つの方法で生産されます

塩分を含む海水塩分を含む海水

『海塩』

材料は海水でつくられます

  • 海水にはミネラルマグネシウムが豊富に含まれています
  • 海塩は海水を汲み上げ天日干しをする方法、海水を煮詰めて作る方法があります
  • 海塩は塩化ナトリウムの純度が約80%、残りはマグネシウムやカリウムカルシウムなどのミネラル成分で構成されています
  • まろやかな味が特徴で甘み・旨味・苦味などのバランスが整っていますので、食べやすい塩と言えます

『岩塩』

岩塩岩塩

材料は岩塩でつくられます

  • 海水の塩分が結晶化して生まれたといわれる鉱物の一種です
  • 岩塩は昔海だった場所で長い年月をかけて自然にできたもので、生産地が限られており採掘場所は海外が多いです
  • 日本では採取できる場所がないとされています

『湖塩』

塩湖塩湖

材料は塩湖でつくられます

  • 湖水中に含まれる塩分が1リットル中500mg以上の湖を塩湖といいます
  • カルシウムが多くマグネシウムが少なく雑味が少ない特徴があります
  • 塩湖も海外が多く日本ではほとんどありません

食塩のまとめ

塩分を含む海水塩分を含む海水

食塩は別名塩化ナトリウムで調味料や保存食に使用

日本では岩塩ではなく海水から作り、海外は岩塩や塩湖から作られるのが多いです。

食塩は料理には欠かせない調味料です。

食塩のまとめは下記の通りです。

  • 食塩は食用で使用される塩の事を言います
  • 工業用で使用する塩もあるので食塩と呼び区別しています
  • 食塩は別名塩化ナトリウム
  • 食塩は化学式では『NaCl』
  • 食塩は体内ではNa(ナトリウム)イオン、Cl(塩化物)イオンに分かれます
  • 塩は白色ではなく無色透明で光の乱反射で白く見えます
  • 塩は『食塩』、『並塩』、『精製塩』に分けることが出来ます
  • 食塩は『海塩』、『岩塩』、『湖塩』で生産されます
  • 世界では岩塩から作られることが多く日本では海水から作られます
  • 日本では縄文時代から作られ江戸時代に製法が確立し広まりました
  • 1997年まで国による塩専売法で規制してきましたが廃止され、新たに塩事業法が制定されました
  • 2002年に塩の販売が自由化されましたが製造する場合は財務局に申請が必要です

 

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』