アミノ酸

チロシンは非必須アミノ酸で自律神経の調整機能等があります

チロシンを含む大豆と牛乳チロシンを含む大豆と牛乳

 

アミノ酸は『必須アミノ酸』と『非必須アミノ酸』に分かれますが、チロシンは後者に当てはまります。

 

チロシンは非必須アミノ酸で自律神経の調整機能があります。

 

『たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • チロシンは非必須アミノ酸です
  • チロシンは1846年にドイツの化学者リービッヒによってチーズから発見されました
  • チロシンは非必須アミノ酸は体内で合成される成分です
  • チロシンは必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されます
  • チロシンは神経伝達物質の原料になります
  • チロシンはアドレナリンやノンアドレナリン、ドーパミン、甲状腺ホルモン、メラニン色素の材料になります
  • チロシンは神経や脳の機能をサポートし、うつ病や認知症の予防に効果があります
  • チロシンを含む食品は鶏卵、チーズ、煮干し、大豆牛乳に多く含まれます

チロシンとは

チロシンの分子構造チロシンの分子構造

チロシンは非必須アミノ酸の一種

チロシンは非必須アミノ酸は体内で合成される成分

  • チロシンは必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されます
  • チロシンは神経伝達物質の原料になります
  • チロシンはアドレナリンやノンアドレナリン、ドーパミン、甲状腺ホルモン、メラニン色素の材料になります
  • チロシンは1846年にドイツの化学者リービッヒによってチーズから発見されました

チロシンの機能

チロシンの神経伝達細胞チロシンの神経伝達細胞

チロシンはうつ病や認知症を改善する効果

チロシンはドーパミンやノルアドレナリンを合成

  • チロシンは脳を興奮状態にするドーパミンや集中力を高めるノルアドレナリンを合成するのでうつ病や認知症の状態を改善する効果があります

チロシンはストレスを緩和させる効果

チロシンはアドレナリンやノンアドレナリンを合成

  • チロシンはストレス状態で不足したアドレナリンやノンアドレナリンを合成し状態を緩和させます

チロシンは白髪を予防する効果

チロシンはメラニン色素を合成

  • チロシンは体内でメラニン色素を生成する事で白髪を予防します

チロシンを含む食品

チロシンを含む鶏卵チロシンを含む鶏卵

チロシンは乳製品や大豆、魚介類等に多く含みます

100g中当たりのチロシンの含有量

鶏卵
2200mg
チーズ
2700mg
鰹節
2600mg
大豆
1900mg
脱脂粉乳
1600mg
煮干しとびうお
2800mg
豚ヒレ
1400mg
焼タラコ
1300mg

チロシンのまとめ

チロシンを含むチーズチロシンを含むチーズ

非必須アミノ酸で自律神経の調整機能等があります

チロシンのまとめは下記の通りです

チロシンは体内で合成されますが、食事からも摂取することも重要です。

  • チロシンは非必須アミノ酸です
  • チロシンは1846年にドイツの化学者リービッヒによってチーズから発見されました
  • チロシンは非必須アミノ酸は体内で合成される成分です
  • チロシンは必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されます
  • チロシンは神経伝達物質の原料になります
  • チロシンはアドレナリンノンアドレナリンドーパミン、甲状腺ホルモン、メラニン色素の材料になります
  • チロシンは神経や脳の機能をサポートし、うつ病や認知症の予防に効果があります
  • チロシンを含む食品は鶏卵、チーズ、煮干し、大豆牛乳に多く含まれます

 

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』