野菜・野菜料理

キャベツは栄養素が豊富で整腸効果等の効果があります。

キャベツは手軽に食べられる野菜でスーパーでよく見かけます。

 

キャベツは栄養素が豊富で整腸効果等の効果があります。

 

たべもぐブログ』ではキャベツに関して下記のようなことがわかります。

  • キャベツはアブラナ科アブラナ属の越年草です
  • キャベツはヨーロッパ南部が地域が原産地です
  • キャベツは18世紀初期にオランダから伝来し食用ではなく観賞用でした
  • キャベツは大正から昭和にかけて品種改良で広まっていきました
  • 品種改良によって春、夏、冬で収穫ができます
  • キャベツは40種類以上存在します
  • 収穫量は春キャベツでは1位が愛知県、2位が千葉県で、夏秋キャベツでは1位が群馬県、2位が長野県になります
  • キャベツの栄養成分は炭水化物カリウム カルシウム 等のミネラルビタミンK等のビタミンB群ビタミンC ビタミンA食物繊維、等が含まれます
  • キャベツはビタミン様物質のビタミンUイソチオシアネートが含まれます
  • キャベツの効果は美肌効果、整腸効果、免疫力UP効果、生活習慣病の防止効果、便秘の予防効果があります

キャベツとは

栄養素が多いキャベツ栄養素が多いキャベツ

キャベツはアブラナ科アブラナ属の越年草

キャベツの原産地はヨーロッパ南部

  • キャベツは18世紀初期にオランダから伝来し食用ではなく観賞用でした
  • キャベツは大正から昭和にかけて品種改良で広まっていきました
  • キャベツは品種改良によって春、夏、冬で収穫ができます
  • キャベツは40種類以上存在します
  • キャベツの収穫量は春キャベツでは1位が愛知県、2位が千葉県で、夏秋キャベツでは1位が群馬県、2位が長野県です

キャベツの栄養成分

栄養価の高いキャベツ栄養価の高いキャベツ

キャベツにはミネラル、ビタミンC、食物繊維等を含有

キャベツ 100gあたりの栄養素量

エネルギー
21kcal
水分
92.7g
たんぱく質
1.3g
脂質
0.2g
コレステロール
0mg
食物繊維
1.8g
炭水化物
5.2g
ナトリウム
5mg
カリウム
200mg
カルシウム
43mg
マグネシウム
14mg
リン
27mg
0.3mg
亜鉛
0.2mg
0.22mg
マンガン
0.16mg
ヨウ素
0μg
セレン
0μg
クロム
1μg
モリブデン
4μg
ビタミンA
54μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
0.1mg
ビタミンK
78μg
ビタミンB1
0.04mg
ビタミンB2
0.03mg
ナイアシン
0.4mg
ビタミンB6
0.11mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
78μg
パントテン酸
0.22mg
ビオチン
1.6μg
ビタミンC
40mg
食塩相当量
0g
令和3年文部科学省資料より

他にビタミンUイソチオシアネートを含みます。

※ビタミンUは別名キャベジンと言われ胃腸の粘膜修復や胃潰瘍に効果がある成分で医薬品にも使用されています。

キャベツの収穫量

キャベツは年中収穫できるので地域と時期で収穫量が違います

春キャベツの収穫量は全国で35万6200㌧です

愛知県
62,500㌧
千葉県
56,000㌧
茨城県
44,700㌧
神奈川県
41,400㌧
鹿児島県
19,100㌧
熊本県
11,100㌧
兵庫県
10,900㌧

夏秋キャベツの収穫量は全国で47万8500㌧です

群馬県
244,100㌧
長野県
56,700㌧
北海道
45,300㌧
岩手県
28,800㌧
茨城県
21,400㌧
青森県
13,400㌧
熊本県
11,800㌧
令和2年農林水産省資料より

キャベツの効果作用

キャベツの半切りキャベツの半切り

美肌効果

皮膚の構造 コラーゲンの場所皮膚の構造 コラーゲンの場所

キャベツに含まれるビタミンCの作用

  • キャベツに含まれるビタミンCコラーゲンの生成に必要な成分です
  • コラーゲンは肌のハリや艶を保つ働きがあります
  • ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ作用があります

整腸効果

胃

キャベツに含まれるビタミンUの作用

  • キャベツにはキャベジンと言われるビタミン様物質のビタミンUが含まれていて胃の粘膜の修復や胃酸の分泌を抑える作用があります
  • ビタミンUは胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防改善する作用があります

アメリカ国立衛生研究所の研究文献資料

免疫力を上げる効果

キャベツに含まれるビタミンCの作用

  • キャベツに含まれるビタミンCは強い抗酸化作用があり細菌やウイルスを除去する作用があります
  • ビタミンCは免疫細胞の白血球の働きを助け細菌やウイルスを体内から除去します

生活習慣病の予防効果

キャベツに含まれるビタミンCや食物繊維、イソチオシアネートの作用

  • キャベツに含まれるビタミンC、イソチオシアネートは抗酸化作用があり活性酸素を抑制する作用があり脂質生成を減少させます
  • 食物繊維は悪玉コレステロールを吸着させ体外に排出させる効果があります
  • 動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞等の生活習慣病の防止になります

便秘の予防効果

キャベツに含まれる食物繊維

  • キャベツに含まれる食物繊維は腸内の善玉菌を増やし通便をよくします
  • 大腸がんの予防にもなります

キャベツのまとめ

キャベツの半切りキャベツの半切り

キャベツは栄養価が高く健康に良い野菜

キャベツは野菜の中でも栄養価の高い部類に入ります。

キャベツのまとめは下記の通りです。

  • キャベツはアブラナ科アブラナ属の越年草です
  • キャベツはヨーロッパ南部が地域が原産地です
  • キャベツは18世紀初期にオランダから伝来し食用ではなく観賞用
  • キャベツは大正から昭和にかけて品種改良で広まっていきました
  • キャベツは品種改良によって春、夏、冬で収穫ができます
  • キャベツは40種類以上存在します
  • キャベツの収穫量は春キャベツでは1位が愛知県、2位が千葉県で、夏秋キャベツでは1位が群馬県、2位が長野県になります
  • キャベツの栄養成分は炭水化物カリウム カルシウム 等のミネラルビタミンK等のビタミンB群ビタミンC ビタミンA食物繊維、等が含まれます
  • キャベツはビタミン様物質のビタミンUイソチアシネートが含まれます
  • キャベツの効果は美肌効果、整腸効果、免疫力UP効果、生活習慣病の防止効果、便秘の予防効果があります

https://foodsuki114.xyz/2022/03/vitamin-u-has-a-good-gastrointestinal-effect/

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』