にんじん

にんじんは抗酸化作用や栄養が豊富で眼の健康や美肌効果等があります。

にんじんにんじん

 

にんじんは料理には良く使用される野菜です。

にんじんの成分は身体にも健康に良い効果があります。

 

にんじんは抗酸化作用や栄養が豊富で眼の健康や美肌効果等があります。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • にんじんはセリ科ニンジン属の2年草です
  • にんじんは東洋系にんじんと西洋系にんじんの2種類に大きく分けられます
  • 西洋系にんじんは太く短く、東洋系にんじんは細長い特徴があります
  • にんじんの色はだいだい色が一般的ですが赤や黄色、紫等もあります
  • にんじんは中央アジアのアフガニスタンが原産と言われています
  • にんじんは諸説ありますが、16世紀から17世紀に中国から伝来した東洋系種、19世紀にアメリカやヨーロッパからから伝来した西洋種があります
  • にんじんは種を春にまく春まき(3月中旬~4月中旬)と夏まき(7月上旬~8月上旬)があり、収穫は4ヶ月前後で可能です
  • にんじんの種類は東洋系にんじんは金時にんじん、沖縄島にんじん、金美にんじん、西洋系にんじんは五寸にんじん、ミニキャロット、ホワイトにんじん、黄にんじん、紫にんじんがあります
  • にんじんの収穫量は1位が北海道、2位が千葉県、3位が徳島県です
  • にんじんの栄養素野菜の中でもトップクラスで炭水化物カリウムリンカルシウムナトリウムビタミンB群ビタミンA食物繊維ルテインリコピンを含みます
  • にんじんの効果は眼精疲労防止効果、美肌効果、免疫力UP効果、悪玉コレステロールを抑制する効果、便秘予防効果があります

にんじんとは

色の違うにんじん色の違うにんじん

にんじんはセリ科ニンジン属の2年草

東洋系にんじんと西洋系にんじんに分けられます

  • 西洋系にんじんは太く短く、東洋系にんじんは細長い特徴があります
  • にんじんの色はだいだい色が一般的ですが赤や黄色、紫等もあります
  • にんじんは中央アジアのアフガニスタンが原産と言われています
  • にんじんは諸説ありますが、16世紀から17世紀に中国から伝来した東洋系種、19世紀にアメリカやヨーロッパからから伝来した西洋種があります
  • にんじんは種を春にまく春まき(3月中旬~4月中旬)と夏まき(7月上旬~8月上旬)があり、収穫は2回可能です
  • にんじんの種類は東洋系にんじんは金時にんじん、沖縄島にんじん、金美にんじん、西洋系にんじんは五寸にんじん、ミニキャロット、ホワイトにんじん、黄にんじん、紫にんじんがあります

にんじんの栄養素

ビタミンA、ミネラル、ビタミンB群、食物繊維を含有

 にんじん 100gあたりの栄養素量

エネルギー
35kcal
水分
89.1g
たんぱく質
0.7g
脂質
0.2g
コレステロール
0mg
食物繊維
3.8g
炭水化物
9.3g
ナトリウム
28mg
カリウム
300mg
カルシウム
28mg
マグネシウム
10mg
リン
26mg
0.2mg
亜鉛
0.2mg
0.05mg
マンガン
0.12mg
ヨウ素
0μg
セレン
0μg
クロム
0μg
モリブデン
0μg
ビタミンA
9320μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
0.4mg
ビタミンK
17μg
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.07mg
ナイアシン
1.0mg
ビタミンB6
0.1mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
21μg
パントテン酸
0.37mg
ビオチン
0μg
ビタミンC
6mg
食塩相当量
0.1g
令和3年文部科学省資料より
他にルテインリコピン、ペクチン含みます。

にんじんの収穫量

全国では57万4700トンの収穫量

1位は北海道で全国の収穫量の約30%を占めます

北海道
16万4200トン
千葉県
10万9400トン
徳島県
4万8700トン
青森県
3万7400トン
平成30年農林水産省データより

にんじんの種類

東洋系にんじん

金時にんじん金時にんじん

東洋系にんじんは細長い特徴

  • 金時にんじん
  • 沖縄島にんじん
  • 金美にんじん

西洋系にんじん

西洋系のにんじん西洋系のにんじん

西洋系にんじんは太く短い特徴

  • 五寸にんじん
  • ミニキャロット
  • ホワイトにんじん
  • 黄にんじん
  • 紫にんじん

にんじんの効果

にんじんサラダにんじんサラダ

眼精疲労防止する効果

にんじんに含まれるビタミンA、ルテイン

  • にんじんにはβカロテンが多く含有しておりビタミンAに体内で変化し夜盲症や眼精疲労に効果があります
  • にんじんに含まれるルテインは眼の水晶体や黄斑部に多く存在するカロテロイド色素で紫外線等のダメージから守る効果があります

美肌効果

にんじんに含まれるビタミンA

  • にんじんにはβカロテンが多く含有しておりビタミンAに体内で変化します
  • ビタミンAは皮膚や粘膜を守る働きで肌を健康に保つ作用があります
  • にんじんに含まれるビタミンAは強い抗酸化作用があり活性酸素を除去し肌細胞を守ります

免疫力UP効果

にんじんに含まれるビタミンA

  • にんじんに含まれるビタミンAは強い抗酸化作用があります
  • 抗酸化作用は体内の細菌やウイルスを抑制し感染症になるのを防ぎます

悪玉コレステロール抑制効果

にんじんに含まれるベータカロチン、リコピンの作用

  • にんじんに含まれるベータカロテンは血中の悪玉(LDL)コレステロールを抑制効果があります
  • 血管壁に付着したコレステロールを除去するので動脈硬化等の生活習慣病を防止する効果があります
  • にんじんに含まれるリコピンの抗酸化作用で活性酸を除去し脂肪等を酸化を防ぎ生活習慣病を防止します

便秘を予防する効果

にんじんに含まれる食物繊維

  • にんじんにはペクチンと言われる食物繊維が含まれており整腸作用があり便秘を予防します

にんじんのまとめ

輪切りにしたにんじん輪切りにしたにんじん

にんじんは栄養素が豊富で抗酸化作用が強い野菜

生活習慣病の防止や眼精疲労回復効果があります

にんじんは野菜の中でも栄養素が高く人間の健康に重要な効果がたくさんあります。

にんじんの独特なにおいが嫌いな人もいますが、現在では品種改良でにおいも抑えられたものも作られていますのでおすすめです。

 

にんじんのまとめは下記の通りです。

  • にんじんはセリ科ニンジン属の2年草です
  • にんじんは東洋系にんじんと西洋系にんじんの2種類に大きく分けられます
  • 西洋系にんじんは太く短く、東洋系にんじんは細長い特徴があります
  • にんじんの色はだいだい色が一般的ですが赤や黄色、紫等もあります
  • にんじんは中央アジアのアフガニスタンが原産と言われています
  • にんじんは諸説ありますが、16世紀から17世紀に中国から伝来した東洋系種、19世紀にアメリカやヨーロッパからから伝来した西洋種があります
  • にんじんは種を春にまく春まき(3月中旬~4月中旬)と夏まき(7月上旬~8月上旬)があり、収穫は4ヶ月前後で可能です
  • にんじんの種類は東洋系にんじんは金時にんじん、沖縄島にんじん、金美にんじん、西洋系にんじんは五寸にんじん、ミニキャロット、ホワイトにんじん、黄にんじん、紫にんじんがあります
  • にんじんの収穫量は1位が北海道、2位が千葉県、3位が徳島県です
  • にんじんの栄養素野菜の中でもトップクラスでは炭水化物カリウムリンカルシウムナトリウムビタミンB群ビタミンA食物繊維ルテインリコピンを含みます
  • にんじんの効果は眼精疲労防止効果、美肌効果、免疫力UP効果、悪玉コレステロールを抑制する効果、便秘予防効果があります

リコピンとは?成分や効果作用

カロテノイド/ルテインとは?

アンチエイジングのイメージ
アンチエイジング効果的な成分と食品のまとめになります。アンチエイジング効果のある成分と食品のまとめです。...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』