大根

大根はカロリーと糖質が低く栄養素も多く健康に良い効果があります。

大根大根

 

大根は1年中出回っている野菜で全国的に栽培されています。

料理にも幅広く使用される野菜ですよね。

 

大根はカロリーと糖質が低く栄養素も多く健康に良い効果があります。

 

たべもぐブログ』では大根に関して下記のようなことがわかります。

  • 大根はアブラナ科ダイコン属の1・2年草です
  • 大根は春の七草の1つの『すずしろ』のことです
  • 大根は諸説ありますが中央アジアが原産地と言われています
  • 大根は奈良時代に伝来し江戸時代前期には栽培が広がりました
  • 大根は1年中出荷される野菜ですが春大根と夏大根、秋冬大根があります
  • 春大根は冬に種まきをして春に収穫します
  • 夏大根は春に種まきして夏に収穫します
  • 秋冬大根は秋冬に収穫します
  • 大根の旬は12月から2月頃です
  • 大根は全国的に栽培されており季節によって生産地が変わります
  • 大根は約40種類以上あります
  • 大根は上部が甘く下部が辛いです
  • 収穫量は春大根で、1位千葉県2位が青森県3位が長崎県です
  • 収穫量は夏大根で、1位北海道2位が青森県3位が岩手県です
  • 収穫量は秋冬大根で、1位千葉県2位が鹿児島県3位が神奈川県です
  • 大根の栄養価は炭水化物、(カリウム カルシウム、リン)等のミネラルビタミンB群ビタミンC食物繊維、等が含まれます
  • 大根は他にイソチオシアネート、アミラーゼ、オキシターゼ、ビタミンUを含みます
  • 大根の効果は美肌効果、胃の消化機能を助ける効果、免疫力UP効果、生活習慣病の防止効果があります

大根とは

胃の健康を保つ大根大根

大根はアブラナ科ダイコン属の1・2年草です

大根は1年中出荷される野菜です

  • 大根は春の七草の1つの『すずしろ』のことです
  • 大根は諸説ありますが中央アジアが原産地と言われています
  • 大根は奈良時代に伝来し江戸時代前期には栽培が広がりました
  • 大根は春大根と夏大根、秋冬大根があります
  • 春大根は冬に種まきをして春に収穫します
  • 夏大根は春に種まきして夏に収穫します
  • 秋冬大根は秋冬に収穫します
  • 大根の旬は12月から2月頃です
  • 大根は全国的に栽培されており季節によって生産地が変わります
  • 大根は約40種類以上あります
  • 大根は上部が甘く下部が辛いです

大根の栄養成分

大根はミネラル、ビタミンC等を含有

キャベツ 100gあたりの栄養素量

エネルギー
15kcal
水分
94.6g
たんぱく質
0.5g
脂質
0.1g
食物繊維
1.4g
コレステロール
0mg
炭水化物
4.1g
ナトリウム
19mg
カリウム
230mg
カルシウム
24mg
マグネシウム
10mg
リン
18mg
0.2mg
亜鉛
0.2mg
0.02mg
マンガン
0.04mg
ヨウ素
3μg
セレン
1μg
クロム
0μg
モリブデン
3μg
ビタミンA
0μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
0mg
ビタミンK
0μg
ビタミンB1
0.02mg
ビタミンB2
0.01mg
ナイアシン
0.4mg
ビタミンB6
0.04mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
34μg
パントテン酸
0.12mg
ビオチン
0.3μg
ビタミンC
12mg
食塩相当量
0g
令和3年文部科学省資料より
大根は他にイソチオシアネート、アミラーゼ、オキシターゼを含みます.

大根の収穫量

大根は年中収穫できるので地域と時期で収穫量が違います

春大根の収穫量は全国で19万5700㌧です

千葉県
58,000㌧
青森県
18,800㌧
長崎県
17,400㌧
茨城県
14,500㌧
鹿児島県
12,200㌧
北海道
10,000㌧
埼玉県
7,730㌧

夏大根の収穫量は全国で23万4200㌧です

北海道
114,400㌧
青森県
64,800㌧
岩手県
11,200㌧
群馬県
10,100㌧
岐阜県
5,880㌧
長野県
4,120㌧
熊本県
2,780㌧

秋冬大根の収穫量は全国で82万4300㌧

千葉県
89,300㌧
鹿児島県
73,100㌧
神奈川県
68,900㌧
宮崎県
65,600㌧
新潟県
44,300㌧
茨城県
42,700㌧
長崎県
32,700㌧

大根の年間収穫量は125万4千㌧

千葉県
148,100㌧
北海道
147,700㌧
青森県
115,700㌧
鹿児島県
86,300㌧
神奈川県
73,600㌧
宮崎県
68,300㌧
茨城県
57,500㌧
令和2年農林水産省資料より

大根の効果作用

大根おろし大根おろし

大根の美肌効果

皮膚の構造 コラーゲンの場所皮膚の構造 コラーゲンの場所

大根に含まれるビタミンCの作用

  • 大根に含まれるビタミンCはコラーゲンの生成に必要な物質でコラーゲンは肌のハリや艶を保つ働きがあります
  • ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ作用があり若々しい肌を保ちます

大根は胃の消化機能等を助ける効果

大根に含まれるアミラーゼの作用、ビタミンUの作用

  • 大根に含まれるアミラーゼはデンプンを分解し胃腸の消化機能を助ける効果があります
  • アミラーゼは胃酸をコントロールし胸やけや胃もたれを防ぎます
  • ビタミンUは胃粘膜の新陳代謝活性効果があります

大根は免疫力を上げる効果

大根に含まれるビタミンC、イソチオシアネートの作用

  • 大根に含まれるビタミンCやイソチオシアネートは強い抗酸化作用があり細菌やウイルスを除去する作用があります
  • ビタミンCは免疫細胞の白血球の働きを助け細菌やウイルスを体内から除去します
  • イソチオシアネートは強い殺菌効果があるので風邪予防が期待できます

大根は生活習慣病の予防効果

大根に含まれるビタミンCやイソチオシアネートの作用

  • 大根に含まれるビタミンCは抗酸化作用があり活性酸素を抑制する作用がありコレステロールを低減させる効果があります
  • 血管壁に付着したコレステロールが除去されるため血管が健康になり動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞等の生活習慣病の防止になります
  • イソチオシアネートは血栓予防作用があり動脈硬化の予防になります

大根のまとめ

大根大根

大根はカロリーが低く体に良い効果がある野菜です

大根は胃腸の吸収を助け美肌効果もある野菜です。

大根のまとめは下記の通りです。

  • 大根はアブラナ科ダイコン属の1・2年草
  • 大根は春の七草の1つの『すずしろ』のことです
  • 大根は諸説ありますが中央アジアが原産地と言われています
  • 大根は奈良時代に伝来し江戸時代前期には栽培が広がりました
  • 大根は1年中出荷される野菜で春大根と夏大根、秋冬大根があります
  • 春大根は冬に種まきをして春に収穫します
  • 夏大根は春に種まきして夏に収穫します
  • 秋冬大根は秋冬に収穫します
  • 大根の旬は12月から2月頃
  • 大根は全国的に栽培されており季節によって生産地が変化
  • 大根は約40種類以上
  • 大根は上部が甘く下部が辛いです
  • 収穫量は春大根で、1位千葉県2位が青森県3位が長崎県
  • 収穫量は夏大根で、1位北海道2位が青森県3位が岩手県
  • 収穫量は秋冬大根で、1位千葉県2位が鹿児島県3位が神奈川県
  • 大根の栄養価は炭水化物、(カリウム カルシウム、リン)等のミネラルビタミンB群ビタミンC食物繊維、等が含まれます
  • 大根は他にイソチオシアネート、アミラーゼ、オキシターゼ、ビタミンUを含みます
  • 大根の効果は美肌効果、胃の消化機能を助ける効果、免疫力UP効果、生活習慣病の防止効果があります
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』