さとうきび

さとうきびは砂糖の原材料となる植物です。

砂糖の原材料のさとうきび砂糖の原材料のさとうきび

 

砂糖は植物から精製された甘味料でお菓子や調理に必須な調味料です。

 

さとうきびは砂糖の原材料となる植物です。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • さとうきびはイネ科サトウキビ属の多年草です
  • さとうきびは高さは3メートルから4メートル径は2㎝から4センチで多数の節と節間の特徴があり竹に似ています
  • さとうきびは1年から1年半で成長します
  • 収穫時期は春に植えて翌年に収穫する春植栽培と夏に植えて翌々年に収穫する夏植栽培、収穫後の切り株から芽を出させる株出栽培があります
  • さとうきびの節間に多量のショ糖を含有しています
  • さとうきびは砂糖の原材料です
  • さとうきびの原産地は南方のニューギニアとその周辺と言われています
  • 日本には17世紀に伝来したと言われています
  • さとうきびは熱帯、亜熱帯地方で栽培されます
  • さとうきびは世界ではブラジル、インド、中国、タイが生産量が多いです
  • 日本でのさとうきび栽培は沖縄県、鹿児島県が主となります

さとうきびとは

さとうきび畑さとうきび畑

さとうきびはイネ科サトウキビ属の多年草

さとうきびは砂糖の原材料です

  • さとうきびは高さは3メートルから4メートル径は2㎝から4センチで多数の節と節間の特徴があり竹に似ています
  • さとうきびは1年から1年半で成長します
  • 収穫時期は春に植えて翌年に収穫する春植栽培、夏に植えて翌々年に収穫する夏植栽培、収穫後の切り株から芽を出させる株出栽培があります
  • さとうきびの節間に多量のショ糖を含有しています

さとうきびの由来

さとうきびの原産地はニューギニアとその周辺と言われています

  • 日本には17世紀に伝来したと言われています
  • さとうきびは熱帯、亜熱帯地方で栽培されます
  • さとうきびは世界ではブラジル、インド、中国、タイが生産量が多いです
  • 日本でのさとうきび栽培は沖縄県、鹿児島県となります

日本でのサトウキビの収穫量

さとうきびは沖縄県と鹿児島県のみで栽培

2件で1,336,400トンの収穫量

収穫量
①沖縄県
813,900トン
②鹿児島県
522,500トン
※農林水産省資料データより 

さとうきびのまとめ

さとうきびさとうきび

さとうきびは植物で砂糖の原材料

砂糖の原材料のさとうきびは温かい地域で栽培できる植物なので沖縄県や鹿児島県で栽培が可能なんですね。

さとうきびのまとめは下記の通りです。

  • さとうきびはイネ科サトウキビ属の多年草です
  • さとうきびは高さは3メートルから4メートル径は2㎝から4センチで多数の節と節間の特徴があり竹に似ています
  • さとうきびは1年から1年半で成長します
  • 収穫時期は春に植えて翌年に収穫する春植栽培と夏に植えて翌々年に収穫する夏植栽培、収穫後の切り株から芽を出させる株出栽培があります
  • さとうきびの節間に多量のショ糖を含有しています
  • さとうきびは砂糖の原材料です
  • さとうきびの原産地は南方のニューギニアとその周辺と言われています
  • 日本には17世紀に伝来したと言われています
  • さとうきびは熱帯、亜熱帯地方で栽培されます
  • さとうきびは世界ではブラジル、インド、中国、タイが生産量が多いです
  • 日本でのさとうきび栽培は沖縄県、鹿児島県となります
スクロースを含む さとうきび
スクロースは別名はショ糖で砂糖の主成分です。スクロースは別名はショ糖で砂糖の主成分です。...
天然甘味料のステビアの葉
天然甘味料をまとめました/広く動植物に存在し甘さが違います。天然甘味料をまとめました/広く動植物に存在し甘さが違います。...
人工甘味料まとめ
人工甘味料とは?/5つの種類/砂糖の数百倍から数万倍の甘さ 現在砂糖に代わる甘味料は数種類存在します。 人工的に分子構造を変えて、砂糖の何倍もの甘さを実現しています。 ...
黒蜜
黒蜜とは?栄養と作用/さとうきびが原材料です!さとうきびが原材料の黒蜜は、さとうきびのしぼり汁を煮詰め黒砂糖にし、黒砂糖を水で煮詰めたものです。さらに栄養が豊富で特にミネラル、ビタミンB群が豊富です。たべもぐブログは詳細を記載します。...
白砂糖
砂糖は甘みのある調味料で主成分がスクロースです。砂糖は甘みのある甘味料で主成分がスクロースです。...

 

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』