ピクリン酸

ピクリン酸は有機酸の一種で梅に含まれます。

ピクリン酸を含む梅の実ピクリン酸を含む梅の実

 

ピクリン酸は強い酸味のある成分です。

ピクリン酸は有機酸の一種で梅に含まれます。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • ピクリン酸はに含まれます
  • ピクリン酸は有機酸の一種で強い酸性と苦みを持ちます
  • 化学式は『C6H3N3O7』です
  • 19世紀には急熱や衝撃により火災や爆発する特徴があり、爆薬の材料として使用されていました
  • 別名はニトロキサンチン酸、ピクロ硝酸です
  • 消防法では危険物第5類第二種自己反応性物質と定義されています
  • 毒物及び劇物取締法では劇物とされています
  • 梅に含まれるピクリン酸は新陳代謝を促す作用、腸内の悪玉菌を働きを抑制し整腸作用、腸の動きを活発化させ通便を良くする作用があると言われています

ピクリン酸とは

ピクリン酸は有機酸の一種

ピクリン酸ピクリン酸

化学式は『C6H3N3O7』です

  • ピクリン酸は梅に含まれます
  • ピクリン酸は有機酸の一種で強い酸性と苦みを持ちます
  • 化学式は『C6H3N3O7』です
  • 19世紀には急熱や衝撃により火災や爆発する特徴があり、爆薬の材料として使用されていました
  • 別名はニトロキサンチン酸、ピクロ硝酸です
  • 消防法では危険物第5類第二種自己反応性物質と定義されています
  • 毒物及び劇物取締法では劇物とされています

ピクリン酸の効果

腸内の悪玉菌を抑制する効果

梅に含まれるピクリン酸による整腸作用

  • 腸内細菌の悪玉菌の発生を抑え善玉菌を増やし腸内環境を良くすると言われています

通便効果

梅に含まれるピクリン酸が腸の動きを良くさせる作用

  • ピクリン酸が腸の動きを活発にし通便をよくすると言われています

ピクリン酸のまとめ

ピクリン酸は有機酸の一種

梅に含まれるピクリン酸は人間の腸に良い効果が期待されることがわかりました。

また梅には他にも疲労回復など色々な効果があります。

ピクリン酸のまとめは下記の通りです。

  • ピクリン酸はに含まれます
  • ピクリン酸は有機酸の一種で強い酸性と苦みを持ちます
  • 化学式は『C6H3N3O7』です
  • 19世紀には急熱や衝撃により火災や爆発する特徴があり、爆薬の材料として使用されていました
  • 別名はニトロキサンチン酸、ピクロ硝酸です
  • 消防法では危険物第5類第二種自己反応性物質と定義されています
  • 毒物及び劇物取締法では劇物とされています
  • 梅に含まれるピクリン酸は新陳代謝を促す作用、腸内の悪玉菌を働きを抑制し整腸作用、腸の動きを活発化させ通便を良くする作用があると言われています
梅の実
梅の旬の時期と栄養成分と効果について梅の旬の時期と栄養成分と効果について/たべもぐブログ...
クエン酸を含む柑橘類
有機酸/クエン酸とは?効果や作用は? 栄養素にはいろいろな種類がありますが、中でも有機酸というものがあります。 有機酸であるクエン酸の効果や作用を記載します。 ...
有機酸を含むフルーツ
3つの有機酸のまとめ/リンゴ酸、クエン酸、キナ酸の詳細効果 3つの有機酸(リンゴ酸、クエン酸、キナ酸)の詳細効果のまとめになります。 この記事ではこのような事がわかります。 ...
酒石酸を含む果実
酒石酸は酸味のある果実等に含まれる有機酸です。酒石酸は酸味のある果実等に含まれる有機酸化合物です。たべもぐブログ...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』