梅干しはクエン酸等を含有し疲労回復に効果的です。

梅干し
梅干し

 

梅干しは梅の実を塩漬けした漬物の1つです。

 

梅干しはクエン酸等を含有し疲労回復に効果的です。

 

たべもぐブログ』では梅干しに関して下記のようなことがわかります。

  • 梅干しは梅の実を使用し塩で漬け込み、日光で乾燥させ、漬け込んだ時にでる梅酢と赤シソの葉を加え再度漬け込む保存食品です
  • 諸説ありますが平安時代には梅干しがつくられていたと言われています
  • 戦国時代には保存食、薬として使用されていました
  • 梅の生産量は和歌山県が1位です
  • 梅干しの栄養素はナトリウムカリウムカルシウム等のミネラル食物繊維ビタミンEビタミンB群、が含まれています
  • 他には有機酸の一種のクエン酸、ポリフェノールの一種の梅グリナン類(シリンガレシノール、ピノレシノール、エポキシリオニレシノール、リオニレシノール)
  • 梅干しの色付けに使われる赤しそは、アントシアニン色素が関係しています。
  • 梅干しは疲労回復効果、抗酸化作用による免疫力UP、細胞を守る効果が期待できます

梅干しとは

梅干し
梅干し

梅の塩漬け

梅干しは昔からの保存食として活躍

  • 諸説ありますが平安時代には梅干しがつくられていたと言われています
  • 戦国時代には保存食、薬として使用されていました
  • 梅の生産量は和歌山県が1位です
  • 梅干しは梅の実を使用し塩で漬け込み、取り出して日光で乾燥させ、再度漬け込んだ時にでる梅酢と赤シソの葉を加え漬け込む保存食品です

梅干しの栄養成分

梅干しはナトリウムカリウムカルシウム等のミネラル食物繊維ビタミンEビタミンB群を含有

梅干し 100gあたりの栄養素量

エネルギー
29kcal
水分
72.2g
たんぱく質
0.9g
脂質
0.7g
食物繊維
3.3g
コレステロール
0mg
炭水化物
8.6g
ナトリウム
7200mg
カリウム
220mg
カルシウム
33mg
マグネシウム
17mg
リン
21mg
1.1mg
亜鉛
0.1mg
0.07mg
マンガン
0.11mg
ヨウ素
1μg
セレン
0μg
クロム
37μg
モリブデン
2μg
ビタミンA
7μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
2.1mg
ビタミンK
9μg
ビタミンB1
0.02mg
ビタミンB2
0.01mg
ナイアシン
0.4mg
ビタミンB6
0.04mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
0μg
パントテン酸
0.03mg
ビオチン
0.8μg
ビタミンC
0mg
食塩相当量
0g
令和3年文部科学省資料より

その他の成分

梅干しはポリフェノールや有機酸を含みます。

  • 他には有機酸の一種のクエン酸、ポリフェノールの一種の梅グリナン類(シリンガレシノール、ピノレシノール、エポキシリオニレシノール、リオニレシノール)を含みます
  • 梅干しに使われる赤しそは、アントシアニン色素が関係しています
  • 梅干しは有機酸やポリフェノール等の抗酸化作用の強い成分が多く含まれます

https://foodsuki114.xyz/2021/10/anti-acidification-suppress-active-oxygen/

梅干しの効果

疲労回復効果

梅干しに含まれるクエン酸の作用

  • 梅干しに含まれるクエン酸は疲労物質である乳酸を分解しエネルギーに変える作用で疲労回復させる効果が期待できます
  • クエン酸は別名TCA回路と呼ばれエネルギー代謝経路の中心として機能しており人間に重要な役割があります

免疫力UP・細胞を守る効果

梅干しに含まれるビタミンE、梅グリナン、アントシアニンの作用

  • 梅干しに含まれるビタミンEは強い抗酸化作用があり活性酸素を抑制する作用があり細胞を守る働きがあると言われています
  • アントシアニンはコラーゲンの安定にに必要な物質で肌のハリや艶を保つ働きが期待できます
  • 梅グリナンは抗酸化作用が強く細胞の活性酸素を抑制し細胞を守る働きや体内に侵入した細菌やウイルスを抑制する効果があると言われています

梅干しのまとめ

陰干しする梅干し
疲労回復のクエン酸を含む梅干し

梅干しは有機酸であるクエン酸等が豊富

梅干しを手作りするのは手間ひまががかかる食品です。塩分が多いので適度な摂取が重要です。

梅干しは疲労回復等の効果があります。

梅干しのまとめは下記の通りです。

  • 梅干しは梅の実を使用し塩で漬け込み、日光で乾燥させ、漬け込んだ時にでる梅酢と赤シソの葉を加え再度漬け込む保存食品です
  • 諸説ありますが平安時代には梅干しがつくられていたと言われています
  • 戦国時代には保存食、薬として使用されていました
  • 梅の生産量は和歌山県が1位です
  • 梅干しの栄養素はナトリウムカリウムカルシウム等のミネラル食物繊維ビタミンEビタミンB群、が含まれています
  • 他には有機酸の一種のクエン酸、ポリフェノールの一種の梅グリナン類(シリンガレシノール、ピノレシノール、エポキシリオニレシノール、リオニレシノール)
  • 梅干しの色付けに使われる赤しそは、アントシアニン色素が関係しています。
  • 梅干しは疲労回復効果、抗酸化作用による免疫力UP、細胞を守る効果が期待できます

https://foodsuki114.xyz/2022/04/mumefural-is-an-ingredient-contained-in-plum-extract/

https://foodsuki114.xyz/2022/04/picric-acid-is-a-type-of-organic-acid-contained-in-plums/

https://foodsuki114.xyz/2022/04/tartaric-acid-is-an-organic-acid-compound-contained-in-sour-fruits/

https://foodsuki114.xyz/2022/04/about-the-season-of-ume-nutritional-components-and-effects/

https://foodsuki114.xyz/2022/04/perilla-also-contains-vitamins-minerals-polyphenols-etc/