テオブロミン

テオブロミンはカカオに含まれる成分でカフェインに似た効果があります。

テオブロミンを含むカカオテオブロミンを含むカカオ

 

テオブロミンはカカオに含まれる成分でカフェインに似た効果があります。

 

『たべもぐブログ』ではこのようなことがわかります。

  • テオブロミンはカカオに含まれる有機化合物の一種です
  • テオブロミンはキサンチン系アルカノイドの一種です
  • 化学式はC7H8N4O2です
  • カカオに多く含まれ、お茶にも含まれる成分で苦みがあります
  • テオブロミンはカフェインと似た効果(神経興奮作用、利尿作用、強心作用、血管拡張作用)があります
  • ココアチョコレートにも含まれる成分です
  • ハイカカオチョコレート(カカオマス70%)は25gあたり229mg含まれます

テオブロミンとは

テオブロミンはカカオに含まれる成分

テオブロミンはアルカノイドの一種です。

  • テオブロミンはカカオに含まれる有機化合物の一種です
  • テオブロミンはキサンチン系アルカノイドの一種です
  • 化学式はC7H8N4O2です
  • カカオに多く含まれ、お茶にも含まれる成分で苦みがあります

テオブロミンの含有量

ココアの粉ココアの粉

ココアパウダーやチョコレートに含まれます。

テオブロミンの含有量
  • ココアパウダー(脂肪23%)25gあたり:525mg
  • ハイカカオチョコレート(カカオマス70%)25gあたり:229mg
  • カカオマスの多いミルクチョコレート 25gあたり:75mg

日本チョコレート・ココア協会資料より

独立行政法人 国民生活センター資料

テオブロミンの効能

テオブロミンはカフェインと似た効果があります。

テオブロミンは中枢神経興奮作用、利尿作用、強心作用、血管拡張作用があります。

  • テオブロミンの利尿作用はカフェインより強めです
  • 中枢神経興奮作用は弱めです
カフェインを含むコーヒー
カフェインの効果、からだへのメリットとデメリットは何でしょうか?カフェインの効果、からだへのメリットとデメリットは何でしょうか?...

テオブロミンのまとめ

カカオに含まれるテオブロミン

チョコレートとカカオ豆チョコレートとカカオ豆

テオブロミンはカフェインに似た効能を持ちます。

テオブロミンのまとめは下記の通りです。

  • テオブロミンはカカオに含まれる有機化合物の一種です
  • テオブロミンはキサンチン系アルカノイドの一種です
  • 化学式はC7H8N4O2です
  • カカオに多く含まれ、お茶にも含まれる成分で苦みがあります
  • テオブロミンはカフェインと似た効果(神経興奮作用、利尿作用、強心作用、血管拡張作用)があります
  • ココアやチョコレートにも含まれる成分です
  • ハイカカオチョコレート(カカオマス70%)は25gあたり229mg含まれます
木になるカカオ
ココアはカカオ豆が原料でミネラルやポリフェノール等を含みます。ココアとはカカオ豆が原料でミネラルやポリフェノール等を含みます。たべもぐブログ...
焙煎したカカオ豆
カカオに含まれるカカオポリフェノールは老化防止効果等があります カカオはチョコレートやココア等に使用されているカカオの木の実が原材料です。 カカオには人間に良い効果がある成分が多く含まれ...
カカオマスとは?/食品に使用されている材料/カカオ豆ですカカオマスとは?/食品に使用されている材料/カカオ豆/たべもぐブログ...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』