アンモニアは体内でも産出され神経毒性があり肝臓等で解毒されます。

アンモニア
アンモニア
アンモニア

 

アンモニアは人間の体内でも発生する物質です。

 

アンモニアは体内でも産出され神経毒性があり肝臓で解毒されます。

 

『たべもぐブログ』ではアンモニアについてこのようなことがわかります。

 

  1. アンモニア(NH3)は窒素と水素の化合物
  2. 体内では大腸や小腸で作られるたんぱく質の分解産物
  3. 体内では毒性があるので肝臓等で無毒化されます
  4. アンモニアはグルタミンやアスパラギンの合成にも使用
  5. 過剰なアンモニアは神経細胞のエネルギー産生低下や神経伝達物質低下をもたらします

 

  • アンモニアは窒素と水素の化合物です
  • 化学式はNH3です
  • 体内では大腸や小腸で作られるたんぱく質等の分解産物ですが毒性があるので肝臓等で無毒化されます
  • アンモニアはグルタミンアスパラギンの合成に使用されます
  • アンモニアは神経毒性があり神経細胞のエネルギー産生低下や神経伝達物質低下をもたらします
  • 肝臓の機能が低下すると解毒が十分でなくなり血液中にアンモニアが増加し身体に重大な影響をもたらします(肝性脳症等)

アンモニアとは

アンモニアは窒素と水素の化合物

アンモニアの化学式はNH3です。

アンモニアの作用

肝臓の解毒作用
肝臓の解毒作用

アンモニアは神経毒性があります。

  • アンモニアは神経毒性があり神経細胞のエネルギー産生低下や神経伝達物質低下をもたらします
  • 肝臓の機能が低下すると解毒が十分でなくなり血液中にアンモニアが増加し身体に重大な障害をもたらします(肝性脳症等)

肝性脳症とは(あすか製薬資料より)

アンモニアのまとめ

アンモニアは毒性のある化合物

アンモニアは肝臓で解毒され体外に排出されます。

アンモニアのまとめは下記の通りです。

  • アンモニアは窒素と水素の化合物です
  • 化学式はNH3です
  • 体内では大腸や小腸で作られるたんぱく質等の分解産物ですが毒性があるので肝臓等で無毒化されます
  • アンモニアはグルタミンアスパラギンの合成に使用されます
  • アンモニアは神経毒性があり神経細胞のエネルギー産生低下や神経伝達物質低下をもたらします
  • 肝臓の機能が低下すると解毒が十分でなくなり血液中にアンモニアが増加し身体に重大な影響をもたらします(肝性脳症等)