セサミン

セサミンはゴマに含まれる成分で老化防止作用等があります

セサミンを含むゴマセサミンを含むゴマ

ごまには色々な成分が含まれています。その中に含まれるセサミンは人間の身体に良い効果をもたらします。

セサミンはゴマに含まれる成分で老化防止作用等があります。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • セサミンはゴマに含まれるゴマグリナンというポリフェノールの一種です
  • セサミンはゴマの成分の約0.5%と少量です
  • ゴマグリナンは、セサミンのほかにセサモール、セサモリン、エピセサミン、セサミノールがありますが、セサミンを1番多く含有しています
  • セサミンは強力な抗酸化作用があります
  • セサミンは老化防止作用、コレステロールを減らす作用、肝臓の働きを高める作用があります

『セサミン』とは

ゴマの種に含まれるポリフェノールの一種です。

セサミンは強力な抗酸化作用があります。

セサミンはゴマの種に含有するゴマリグナン成分の1つ

ゴマリグナンは脂溶性の抗酸化物質です。

  • ゴマグリナンは、セサミンのほかにセサモール、セサモリン、エピセサミン、セサミノールがありますが、セサミンを1番多く含有しています
  • セサミンはゴマの成分の約0.5%と少量です

ゴマは固い殻に包まれている

ゴマの殻を取り除き加工した商品がセサミンを摂取しやすいと言えます。

  • すりゴマや練りゴマ、ゴマ油が摂取しやすい
  • ゴマは脂質が多いのでカロリーが高いので取りすぎには良くない

セサミンの効果作用

大きく3種類の効果があります。

セサミンを多く含むごまセサミンを多く含むごま

セサミンは老化防止の効果

セサミンは強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除く効果があります。

  • 体内には活性酸素を防ぐ抗酸化酵素がありますが、40才前後から減少していきます
  • 活性酸素は体内の細胞を傷つけ細胞を破壊したり遺伝子を変化させ細胞をガン化させたりします
  • セサミンは強い抗酸化作用で活性酸素を防ぎ細胞を守り老化を防ぎます
  • 血管の老化を防ぎ強化するので血圧を低下させる効果があります

抗酸化作用とは?

コレステロール値を下げる効果

セサミンが肝臓で脂肪代謝酵素を活発化させます

  • セサミンは善玉(HDL)コレステロールを増やし悪玉(LDL)コレステロール値を下げる効果があります

肝臓の働きを高める効果

肝臓を機能を高めるセサミン肝臓を機能を高めるセサミン

セサミンは肝臓の働きを高める効果があります。

  • セサミンは肝臓でのアルコールを分解促進をうながし二日酔いを防ぎます
  • セサミンはアルコール分解代謝の酵素の働きを活発化します

セサミンのまとめ

セサミンを含む胡麻セサミンを含む胡麻

セサミンは老化防止や生活習慣病の予防になります。

セサミンはゴマの中に微量に含有しています

セサミンはゴマの中には微量に存在するので大量のゴマを摂取しなければなりません。

しかし大量の摂取はカロリーの問題と持続するかの問題が出てきますのでサプリメントで摂取するのがベストでしょう。

 

セサミンのまとめは下記の通りです。

  • セサミンはゴマに含まれるゴマグリナンというポリフェノールの一種
  • セサミンはゴマの成分の約0.5%と少量
  • ゴマグリナンは、セサミンのほかにセサモール、セサモリン、エピセサミン、セサミノールがありますが、セサミンを1番多く含有しています
  • セサミンは強力な抗酸化作用がある
  • セサミンは老化防止作用、コレステロールを減らす作用、肝臓の働きを高める作用がある

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』