クルクミン

ウコンに含まれるクルクミンは肝機能を向上させるポリフェノールです。

クルクミンを含むウコンの根茎クルクミンを含むウコンの根茎

ウコンとはスパイス料理で使用されているターメリックのことです。

ウコンは黄色の色素で人間の身体に良い効果をもたらします。

 

ウコンに含まれるクルクミンは肝機能を向上させるポリフェノールです。

 

たべもぐブログではこのような事がわかります。

  • ウコンはショウガ科ウコン属の多年草です
  • ウコンの原産地はインドで生産量も輸出量も世界一です
  • ウコンの根茎部分を加工して粉状にしたものを利用します
  • ウコンはカレーなどに使用されるスパイス(ターメリック)のことです
  • ウコンは黄色の色素を持つことから食品の着色料としても使用されます
  • ウコンに含まれるクルクミンは黄色の色素を持つポリフェノールの一種でファイトケミカルに属します
  • クルクミンは抗酸化作用があります
  • クルクミンは肝機能の向上効果、解毒作用、胆汁分泌促進作用、老化防止作用、コレステロールを下げる作用があります

ウコンとは

ウコンはショウガ科ウコン属の多年草

ウコンの花ウコンの花

ウコンの根茎を使用します

  • ウコンの根茎部分を加工して粉状にしたものを利用します
  • ウコンはカレーなどに使用されるスパイス(ターメリック)のことです
  • ウコンは黄色の色素を持つことから食品の着色料としても使用されます
  • ウコンの原産地はインドで生産量も輸出量も世界一です

クルクミンとは

クルクミンはウコンに含まれる成分

ウコンに含まれるクルクミンは黄色の色素を持つポリフェノールの一種でファイトケミカルに属します。

クルクミンは抗酸化作用があります

抗酸化作用とは?

抗酸化作用は体内の活性酸素から細胞を守る効果があります。

クルクミンの効果作用

肝臓は代謝や解毒作用等重要な機能をもっています。

クルクミンは肝臓の機能の向上や胆汁の分泌を促し体内の代謝を促進させます

※胆汁は肝臓で作られ胆嚢に蓄えられます。

肝臓から出る胆汁肝臓から出る胆汁

肝機能の向上効果

クルクミンは肝臓の働きを助ける作用があります

  • 肝臓は代謝、排出、解毒等の人間に取って重要な役割を持つ臓器です
  • クルクミンは肝臓の働きを助ける作用を持っています

解毒作用

クルクミンはアルコールの解毒作用を促進させます

  • ウコンに含まれるクルクミンは特にアルコールを分解する機能が高い肝臓を助ける成分です
  • アルコールを分解する肝臓の働きを促進させますので二日酔いの予防ができます

胆汁分泌促進作用

クルクミンは肝臓で生成された胆汁の分泌を促進させます

  • 胆汁は肝臓で生成されるアルカリ性の液体です
  • 胆汁は食物の脂肪を乳化することで脂肪の吸収や消化に役に立つ成分です
  • ウコンに含まれるクルクミンが胆汁分泌をうながします

老化防止作用

クルクミンは抗酸化作用で活性酸を除去

  • クルクミンのもつ抗酸化作用で体内の活性酸素を抑制し体内の細胞を守ります
  • 活性酸素を抑制した結果細胞の老化現象や肌のシミ等を防止する作用があります

コレステロールを下げる作用

クルクミンの胆汁分泌促進効果でコレステロールを減少

  • クルクミンは胆汁の分泌を促進する効果があります
  • 胆汁酸はコレステロールから作られている為多くのコレステロールが必要となりコレステロールが減少します
  • この効果で動脈硬化を予防でき脳卒中等の生活習慣病を防ぐことが出来ます

クルクミンのまとめ

ウコンに含まれるクルクミン

クルクミンは二日酔いや老化現象を防ぐ作用、生活習慣病を予防する作用があることがわかりました。

 

ウコンは香辛料として使われているターメリックとも呼ばれカレーに使用されたりしているなじみのあるものです。

 

クルクミンのまとめは下記の通りです。

  • ウコンはショウガ科ウコン属の多年草
  • ウコンの原産地はインドで生産量も輸出量も世界一
  • ウコンの根茎部分を加工して粉状にしたものを利用
  • ウコンはカレーなどに使用されるスパイス(ターメリック)のこと
  • ウコンは黄色の色素を持つことから食品の着色料としても使用
  • ウコンに含まれるクルクミンは黄色の色素を持つポリフェノールの一種でファイトケミカルに属する
  • クルクミンは抗酸化作用がある
  • クルクミンは肝機能の向上効果、解毒作用、胆汁分泌促進作用、老化防止作用、コレステロールを下げる作用がある

本格的なカレーが好きな方はこちらをおすすめします。

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』