緑茶

緑茶の成分は美肌効果等があり生活習慣病の予防にもなります。

美肌に良い緑茶美肌効果のある緑茶

緑茶は日本人にはなじみのある飲み物です。温かいお茶も冷たいお茶も美味しいですよね。

緑茶は健康に良いと言われています。

 

緑茶の成分は美肌効果等があり生活習慣病等の予防効果もあります。

 

この記事ではこのようなことがわかります。

  • 緑茶は生のお茶の葉を発酵させず製造したお茶の総称です
  • 緑茶にはせん茶、玉露、番茶、抹茶、ほうじ茶等があります
  • 通常日常的に飲んでいるお茶はせん茶です
  • 緑茶はチャノキと呼ばれるツバキ科ツバキ属の常緑樹の葉が原材料です
  • 緑茶の生産量1位は静岡県、2位鹿児島県、3位三重県です
  • 緑茶は強い抗酸化作用があります
  • 緑茶成分にはポリフェノールの一種であるカテキン(タンニン)、カフェイン、テアニン、ケルセチン等が入っています
  • 緑茶の効果は抗菌・抗ウイルス作用、生活習慣病の予防改善、虫歯や口臭を予防する作用、集中力を高めたり眠気が覚める効果があります

緑茶とは

緑茶の木チャノキ緑茶の木チャノキ

生のお茶の葉を発酵させず製造したお茶の総称

緑茶はチャノキと呼ばれるツバキ科ツバキ属の常緑樹の葉が原材料

  • 緑茶にはせん茶、玉露、番茶、抹茶、ほうじ茶等の種類があります
  • 通常日常的に飲んでいるお茶はせん茶が多いです

緑茶の生産量

全国で21,100トン生産

やはり静岡県が1位です。2位の鹿児島も生産量が多いですね。

1位静岡県9,680トン、2位鹿児島県7,950トン、3位三重県1,980トン

令和3年農林水産省データより

お茶生産量お茶生産量

緑茶の成分

緑茶はポリフェノールが多い

緑茶の主な有効成分

緑茶の効能

緑茶は強い抗酸化作用があります

抗菌・抗ウイルス作用

緑茶はポリフェノールの一種であるカテキンを含有

  • 緑茶に含まれるカテキンは強力な抗菌、抗ウイルス作用があります
  • 風邪やインフルエンザ等の活性を抑制する効果があります

生活習慣病の予防改善

緑茶に含まれるEGCG(エピガロカテキンガレート)の効果

  • EGCGは主要な緑茶カテキンのことです
  • EGCGとケルセチンが肝臓の脂肪合成を抑制し脂質分解を促進し脂肪代謝を改善する作用があります
  • LDL(悪玉)コレステロール値を低下させる効果があります
  • 動脈硬化を防止し心筋梗塞や脳梗塞を予防します

虫歯や口臭を予防する作用

緑茶に含まれるカテキン効果

  • 口の中の虫歯菌を抑制する効果で虫歯を予防する効果はあります
  • カテキンはにおい成分と結合するので口臭の予防する効果があります

集中力を高めたり脳を覚醒させる作用

緑茶に含まれるカフェイン効果

  • カフェインは脳を覚醒させたり鎮痛作用や疲労回復効果があります
  • カフェインは集中力を増進させる効果もあります

緑茶のまとめ

加工した茶葉加工した茶葉

緑茶には抗酸化作用とポリフェノールが含まれています

日本人になじみにあるに緑茶は人間の身体に良い効果がある事がわかりました。

強い抗酸化作用、ポリフェノールも多いことが生活習慣病に効果があるのですね。

 

緑茶のまとめは下記の通りです。

  • 緑茶は生のお茶の葉を発酵させず製造したお茶の総称
  • 緑茶にはせん茶、玉露、番茶、抹茶、ほうじ茶等があります
  • 通常日常的に飲んでいるお茶はせん茶です
  • 緑茶はチャノキと呼ばれるツバキ科ツバキ属の常緑樹の葉が原材料
  • 緑茶の生産量1位は静岡県、2位鹿児島県、3位三重県
  • 緑茶は強い抗酸化作用があります
  • 緑茶成分にはポリフェノールの一種であるカテキン(タンニン)、カフェイン、テアニン、ケルセチン等を含有
  • 緑茶の効果は抗菌・抗ウイルス作用、生活習慣病の予防改善、虫歯や口臭を予防する作用、集中力を高めたり眠気が覚める効果
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』