コハク酸

コハク酸はうま味成分の1つで食品や化粧品に利用されています。

コハク酸を含むしじみコハク酸を含むしじみ

 

コハク酸は貝類に多く含まれる成分の1つです。

 

コハク酸はうま味成分の1つで食品や化粧品に利用されています。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • コハク酸とは有機酸の1つでうま味成分です
  • コハク酸の化学式はC4H6O4です
  • コハク酸は16世紀ドイツで発見されました
  • コハク酸はミトコンドリア内で行われているクエン酸回路を構成する化合物です
  • クエン酸回路は別名TCA回路の別名で脂肪や炭水化物、たんぱく質等のエネルギー代謝に重要な回路です
  • コハク酸は貝類に多く含まれる成分です
  • コハク酸はワインや日本酒等のアルコール発酵製造過程で生成され、やや塩見と苦み、酸味を持つ成分です
  • コハク酸は食品ではうま味成分やPh調整剤、化粧品では保湿や収れん効果、Ph調整剤として使用されています
  • コハク酸は胃がんや大腸がんの増殖を抑制する研究報告がされています
  • コハク酸と同じうま味はグルタミン酸アスパラギン酸イノシン酸グアニル酸があります

コハク酸とは

有機酸の1つに属します

TCA回路の1つであるコハク酸TCA回路の1つであるコハク酸

コハク酸の化学式はC4H6O4

  • コハク酸は16世紀ドイツで発見されました
  • コハク酸はクエン酸回路(TCA回路)の1つとして体内のエネルギー代謝に関与しています
  • コハク酸はミトコンドリア内で行われているクエン酸回路を構成する化合物です
  • TCA回路は体内の細胞内のミトコンドリアで行われている代謝作用です
  • クエン酸回路は別名TCA回路の別名で脂肪や炭水化物、たんぱく質等のエネルギー代謝に重要な回路です
  • コハク酸は貝類に多く含まれる成分です
細胞にあるミトコンドリア細胞にあるミトコンドリア

コハク酸の作用や利用

コハク酸を含むあさりコハク酸を含むあさり

コハク酸のがん細胞の増殖抑制作用

大腸がんや胃がんに効果があるとされる研究結果

  • コハク酸はがん細胞の増殖を抑制することが毛広島大学の研究結果がでました

https://www.hiroshima-u.ac.jp/research/now/no18

化粧品に含まれるコハク酸

菌の繁殖を抑制し皮膚の皮脂や角質を引き締める効果

  • コハク酸は低刺激で皮膚の保湿作用があり肌荒れを予防します
  • コハク酸は収れん作用があるので肌の引き締め効果があります
  • コハク酸は抗菌力があり肌のニキビ菌を抑制します

食品に使用されるコハク酸

コハク酸は食品の品質を保つ作用

  • コハク酸はPhを調整して食品の品質や菌の増殖を抑制する効果があります

コハク酸を含む食品

コハク酸は貝類に多く含有

100g中あたりの含有量

コハク酸 含有量
しじみ
152mg
あさり
111mg
牡蠣
99mg
はまぐり
82mg
とこぶし
33mg
ほたて
8mg

 

コハク酸のまとめ

食品や化粧品等に含まれる成分

コハク酸は貝類に多く含まれる成分です。

料理のうま味成分だけでなく様々な効果があることがわかりました。

 

コハク酸のまとめは下記の通りです。

  • コハク酸とは有機酸の1つでうま味成分です
  • コハク酸の化学式はC4H6O4です
  • コハク酸は16世紀ドイツで発見されました
  • コハク酸はミトコンドリア内で行われているクエン酸回路を構成する化合物です
  • クエン酸回路は別名TCA回路の別名で脂肪や炭水化物、たんぱく質等のエネルギー代謝に重要な回路です
  • コハク酸は貝類に多く含まれる成分です
  • コハク酸はワインや日本酒等のアルコール発酵製造過程で生成され、やや塩見と苦み、酸味を持つ成分です
  • コハク酸は食品ではうま味成分やPh調整剤、化粧品では保湿や収れん効果、Ph調整剤として使用されています
  • コハク酸は胃がんや大腸がんの増殖を抑制する研究報告がされています
  • コハク酸と同じうま味はグルタミン酸アスパラギン酸イノシン酸グアニル酸があります

コハク酸はPh調整剤として食品で使用され品質を保持します。

グルタミン酸はアミノ酸の一種で疲労回復効果や美肌効果があります。

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で疲労回復効果等があります。

イノシン酸は3大うま味成分の1つでカツオ節に多く含まれます。

グアニル酸は3大うま味成分の1つでしいたけに多く含まれます。

『Foods,Drinks,Nutrients,etc』