飲み物

赤ワインはポリフェノール等を含み抗酸化作用で活性酸素を抑制します。

ポリフェノールなどを含む赤ワインポリフェノールなどを含む赤ワイン

 

赤ワインは黒ブドウから作られるお酒です。

 

赤ワインはポリフェノール等を含み抗酸化作用で活性酸素を抑制します。

 

たべもぐブログ』ではこのような事がわかります。

  • 赤ワインはブドウから作られるお酒です
  • 黒ブドウの品種が原材料です
  • 黒ブドウの実や皮や種ごと発酵させます
  • ブドウにはポリフェノールの一種である赤い色素(アントシアニン)が含まれているのでワインが赤色です
  • 赤ワインの渋みはタンニン成分が関わっています
  • 赤ワインは味の濃厚差でフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディに分けられます
  • 赤ワインで主に使用される赤ブドウはメルロー、カベルネ、ピノノアール等があります
  • 『日本ワイン』は国産のブドウのみを原料とし日本国内で製造された果実酒を指します
  • 日本での『日本ワイン』の生産量は1位が山梨県2位が長野県3位が北海道です
  • 日本でのワインの製法品質基準は国税庁の『酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律』で定義されています
  • 国税局にはお酒に関する統計情報や免許に関わっています
  • 赤ワインはぶどうを『徐こう・破砕』→もろみ(発酵)に補糖、酵母を添加→圧縮→後発酵→おり引き→貯蔵→ろ過→ビン詰め→商品という流れになります
  • 赤ワインの栄養価はカルシウムカリウムマグネシウムリンビタミンB群が含まれています
  • 他に多くのポリフェノール(カテキンタンニンレスベラトロール)も含有しています
  • 赤ワインの効能は美肌効果、抗老化効果、高血圧予防効果、脂肪・コレステロール抑制効果があると言われています

赤ワインとは

赤ワインの材料の黒ブドウ赤ワインの材料の黒ブドウ

赤ワインは黒ブドウの品種が材料

黒ブドウの実や皮や種ごと発酵させます

  • ブドウの果皮に赤い色素(アントシアニン等)が含まれているのでワインが赤色です
  • 赤ワインの渋みはタンニン成分が関わっています
  • 『日本ワイン』は国産のブドウのみを原料とし日本国内で製造された果実酒を指します
  • 日本でのワインの製法品質基準は国税庁の『酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律』で定義されています
  • ワイン等のお酒が何故国税庁が関与しているかというと税金の1つである酒税に関与している為です
  • 国税局にはお酒に関する統計情報や免許に関わっています

国税庁/果実酒等の製法品質表示基準

ワインの製造工程/国税庁資料

赤ワインの味わい

ぶどうの品種や収穫年の天候、発酵の度合いで違いがあります

使用される赤ブドウはメルロー、カベルネ、ピノノアール等があります。

  • 赤ワインは味の濃厚差でフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディに分けられます
  • ボディとはワインで使用される専門用語でワインを口に含んだ時の感触、口当たりの印象を表現する為に使用されます
  • 甘みもブドウの品質や完熟度で異なります
  • アルコール度数、色、渋みや酸味もタンニンの含有量や品種、年数で異なります

赤ワインの栄養価

赤ワインはカルシウムカリウムマグネシウムリンビタミンB群を含有

赤ワイン100gあたりの栄養素量

エネルギー
68kcal
水分
88.7g
たんぱく質
0.2g
脂質
0g
食物繊維
0g
コレステロール
0mg
炭水化物
1.5g
ナトリウム
2mg
カリウム
110mg
カルシウム
7mg
マグネシウム
9mg
リン
13mg
0.4mg
亜鉛
0mg
0.02mg
マンガン
0.15mg
ヨウ素
0μg
セレン
0μg
クロム
2μg
モリブデン
1μg
ビタミンA
0μg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
0mg
ビタミンK
0μg
ビタミンB1
0mg
ビタミンB2
0.01mg
ナイアシン
0.1mg
ビタミンB6
0.03mg
ビタミンB12
0μg
葉酸
0μg
パントテン酸
0.07mg
ビオチン
1.9μg
ビタミンC
0mg
食塩相当量
0g
令和3年文部科学省資料より
他に多くのポリフェノール(カテキンタンニンレスベラトロール)も含有しています。

ワインの生産量

全国の生産量は16,612KL

山梨県が1番生産量が多い県です

山梨県
5,189KL
長野県
3,950KL
北海道
2,603KL
山形県
1,159KL
国税庁/日本ワイン産地マップより

赤ワインの効果

美肌・抗老化効果

赤ワインに含まれるポリフェノール(カテキンタンニンレスベラトロールアントシアニン

  • 赤ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用で肌のシミやしわを防ぐ効果があるといわれています
  • 抗酸化作用は体内にある活性酸素を抑制し体内の細胞を守り細胞の劣化を防ぐ作用があります
活性酸素を抑制するトマト
抗酸化作用とは?体内の過剰な活性酸素を抑える働きの事を言います。抗酸化作用とは 体内の過剰な活性酸素を抑える働きです...

高血圧予防効果

赤ワインに含まれるカリウム、ポリフェノール

  • 赤ワインに含まれるカリウムにの作用で体内の余分な塩分を排出する作用で高血圧を防止します
  • ポリフェノールによる抗酸化作用で血中にある悪玉コレステロールを抑制し血管の動脈硬化を予防することで高血圧を予防します

脂肪・コレステロール抑制効果

赤ワインに含まれるカテキン、タンニン、レスベラトロール、アントシアニン

  • 赤ワインに含まれるカテキン、タンニンはトリグリセライドやコレステロールを減少させる効果があります
  • レスベラトロールやアントシアニンはコレステロールを減少させるといわれています

カテキンの研究文献

タンニンの研究文献

レスベラトロールの研究文献

アントシアニンの研究文献

赤ワインのまとめ

ポリフェノールを含む赤ワインポリフェノールを含む赤ワイン

赤ワインは多くのポリフェノールを含有

ポリフェノールの抗酸化作用で活性酸素を抑制します。

ポリフェノールは体内での効果は3時間~4時間と言われ、体外に排出されてしまいます。

ポリフェノールが多く含まれるとはいえお酒の飲みすぎは逆に良いことはないので、果物や飲み物でこまめに摂取しましょう。

 

赤ワインのまとめは下記の通りです。

  • 赤ワインはブドウから作られるお酒です
  • 黒ブドウの品種が原材料です
  • 黒ブドウの実や皮や種ごと発酵させます
  • ブドウにはポリフェノールの一種である赤い色素(アントシアニン)が含まれているのでワインが赤色です
  • 赤ワインの渋みはタンニン成分が関わっています
  • 赤ワインは味の濃厚差でフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディに分けられます
  • 赤ワインで主に使用される赤ブドウはメルロー、カベルネ、ピノノアール等があります
  • 『日本ワイン』は国産のブドウのみを原料とし日本国内で製造された果実酒を指します
  • 日本での『日本ワイン』の生産量は1位が山梨県2位が長野県3位が北海道です
  • 日本でのワインの製法品質基準は国税庁の『酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律』で定義されています
  • ワイン等のお酒が何故国税庁が関与しているかというと税金の1つである酒税に関与している為です
  • 国税局にはお酒に関する統計情報や免許に関わっています
  • 赤ワインはぶどうを『徐こう・破砕』→もろみ(発酵)に補糖、酵母を添加→圧縮→後発酵→おり引き→貯蔵→ろ過→ビン詰め→商品という流れになります
  • 赤ワインの栄養価はカルシウムカリウムマグネシウムリンビタミンB群が含まれています
  • 他に多くのポリフェノール(カテキンタンニンレスベラトロール)も含有しています
  • 赤ワインの効能は美肌効果、抗老化効果、高血圧予防効果、脂肪・コレステロール抑制効果があると言われています
シャインマスカット
シャインマスカット/皮ごと食べる甘いぶどう/夏が旬です ブドウでもシャインマスカットという品種があります。 皮ごと食べれる事、またほど良い甘みがあるので人気のあるぶどうです。 ...
巨峰
巨峰とは?/ビタミン・ポリフェノールが豊富に入っています。9月前後が旬です! ぶどうにはたくさんの種類があります。約60種類もあります。 ぶどうの中でも大粒なつぶの巨峰が人気があります。 巨...
『Foods,Drinks,Nutrients,etc』